山の記録や日々の生活、考えていることなど。
by ogami_dori
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
考えていること
子供

映画
時事ネタ
未分類
以前の記事
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
リンク
私の愛すべき山仲間たち
山の師匠、MMが山への、人生への想いを綴っています。何気ない一言に重みがあります。

AYA'S JOURNAL
山でも下界でもお世話になってるあやさん。人気ブロガーです。山ネタは被ること多し→一緒に行ってるから。

飛鳥的宝貝
半分宇宙人の血が流れている(?)あすかさん。感性豊かな文章が印象的。ハイジ好き。

Sky Abobe,Slope below
山ボーダーぐっさん。ヨセミテクライマーでもある。とある事件で身体に金属片を埋め込まれ、サイボーグとなった。

やまやなぶろぐ
精力的に山を続けているオーロラさんのブログ。年間山行日数は僕の倍くらい?羨ましい~。

好きだぜ~やま~っ。
本人は「ボル田ジム男」なんて言ってるが、アルパインもフリーも積極的にやってるkazoooさん。彼の小学生レベルのネタが、僕は大好きです。
下の「山登なでしこ」は、山でも人生でもパートナーのkuchakuchaさんのブログ。

ヤマレコ
山行記録の管理にとても便利!カモの会のmatoyanが開発・運営してます。すげー!
フォロー中のブログ
山登なでしこ。
最新のトラックバック
手足口病の症状 大人も子..
from 手足口病の症状 大人も子供も注意
雨じゃなかったけど
from AYA'S JOURNAL
子供の病気を解説@子供の..
from 子供の病気を解説@子供の病気..
「登り隊」岩トレin城山..
from AYA'S JOURNAL
ひさびさ!TWALL。
from 飛鳥的宝貝
ミッフィー絵皿 最終章
from AYA'S JOURNAL
小川山①
from 飛鳥的宝貝
「登り隊」剱岳③ 剣沢に..
from AYA'S JOURNAL
「のぼり隊」またまたイン..
from AYA'S JOURNAL
「登り隊」岩トレ@越沢バ..
from AYA'S JOURNAL
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


読図下見&西丹沢散策

来週末、登山学校で読図講習があり、僕が生徒側の担当ということになっている。
そのため、ルートの下見をK講師とともに行うことになった。

9:00新松田集合。この駅前には「マニラ食堂」という謎の店がある。
(知っている人は知っている)
K講師の車で西丹沢へ。天気は曇り。雨は大丈夫そうだが、山の上はガスっている。





9:40丹沢湖到着。下見開始。
まずは前泊地を探すが、ちょうどよい空き地があったのですぐに決定。
次は入山口の確認。
小川谷廊下方面の道を走り、発電所を少しいったところのはずだ。
入山口への下降ポイントを発見、看板があって分かりやすい。
スタートポイントは分かったが、ここは川を渡る必要がある。増水時は危険だな…。
K講師と相談の結果、別の入山口を探してみようということになり、とりあえず保留。

続いて下山ポイント。丹沢湖からの道をさらに北へ進むと、切れ落ちた斜面に大きな崩落が二ヵ所発見。
こんなところに降りては絶対に行けない…持ってきた1万2500分の1地図にコメントを書き込む。
下山ポイントを見つけたが、けっこうな急登。場合によっては懸垂下降が必要かもしれない。

最後にほかの入山口を探してみると、発電所の横に階段があり、そこから稜線に上がれることが分かった。
なので、そこを入山ポイントに決定した。(写真)b0101334_23564755.jpg


下界での下見が終わり、K講師は単独でルートの下見をするために山へ入った。
(僕は山の会に計画書を出していなかったので入山できず)
せっかく西丹沢まで来たのにそのまま帰るのはもったいないので、
大野山(723.1m)を登って谷峨駅(御殿場線)に下るルートを通って帰ることにした。
山といっても、道はほぼ整備されていて、山頂には牧場もあるおだやかなところ。
GW以来しばらく山に入っていなかったので、トレーニングも兼ねて早足で歩く。
休憩時間も入れて、エアリアのコースタイムより早く下山できた。
(コースタイム:11:40湯本平~12:45大野山~13:50谷峨駅)
[PR]
by ogami_dori | 2006-06-03 17:11 |
<< 神戸へ 岩との対話 >>