山の記録や日々の生活、考えていることなど。
by ogami_dori
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
考えていること
子供

映画
時事ネタ
未分類
以前の記事
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
リンク
私の愛すべき山仲間たち
山の師匠、MMが山への、人生への想いを綴っています。何気ない一言に重みがあります。

AYA'S JOURNAL
山でも下界でもお世話になってるあやさん。人気ブロガーです。山ネタは被ること多し→一緒に行ってるから。

飛鳥的宝貝
半分宇宙人の血が流れている(?)あすかさん。感性豊かな文章が印象的。ハイジ好き。

Sky Abobe,Slope below
山ボーダーぐっさん。ヨセミテクライマーでもある。とある事件で身体に金属片を埋め込まれ、サイボーグとなった。

やまやなぶろぐ
精力的に山を続けているオーロラさんのブログ。年間山行日数は僕の倍くらい?羨ましい~。

好きだぜ~やま~っ。
本人は「ボル田ジム男」なんて言ってるが、アルパインもフリーも積極的にやってるkazoooさん。彼の小学生レベルのネタが、僕は大好きです。
下の「山登なでしこ」は、山でも人生でもパートナーのkuchakuchaさんのブログ。

ヤマレコ
山行記録の管理にとても便利!カモの会のmatoyanが開発・運営してます。すげー!
フォロー中のブログ
山登なでしこ。
最新のトラックバック
手足口病の症状 大人も子..
from 手足口病の症状 大人も子供も注意
雨じゃなかったけど
from AYA'S JOURNAL
子供の病気を解説@子供の..
from 子供の病気を解説@子供の病気..
「登り隊」岩トレin城山..
from AYA'S JOURNAL
ひさびさ!TWALL。
from 飛鳥的宝貝
ミッフィー絵皿 最終章
from AYA'S JOURNAL
小川山①
from 飛鳥的宝貝
「登り隊」剱岳③ 剣沢に..
from AYA'S JOURNAL
「のぼり隊」またまたイン..
from AYA'S JOURNAL
「登り隊」岩トレ@越沢バ..
from AYA'S JOURNAL
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ギョッとしたこと

結婚式で神戸へ行った翌日は、休みをとって家で仕事をすることにした。

起きて遅めの朝食をとり、新聞を手に取ると…そこには巨大な写真が。
このところ社会を騒がせている秋田の事件の容疑者が逮捕されたということで、
当該人物の全身写真が6段ぶち抜きで1面トップを飾っていた。






例の事件は、たしかに話題性もあり、世間の関心も高いかもしれないが、
6段ぶち抜きで当該人物の写真を掲載するなんて、一体どういう意図があるのだろう。
どんな新聞でもいい。手にとってみれば、6段という大きさがどれほどのものかすぐに分かる。
スポーツ新聞では選手の大きな写真が1面を飾ることが多いが、
一般紙の普通のニュースではありえない大きさだ。
歴代の総理大臣だって、そんな扱い方をされたことなんかないのではないだろうか。

名誉なことで大きな写真を扱われるならともかく、
不名誉なことでそのような写真を掲載されるとなると、どんな人でも苦痛に思うだろう。
(少なくとも僕はそうだ)
新聞には「社会の事実を世に知らしめる」という大義名分が(いちおう)あるが、
それは、新聞を作る側がモラルに則って報道することで初めて成り立つこと。
モラルのない記者、「トップネタを掴む」という目的に良心が弱くなっている記者が新聞を作れば、
報道はたちまち私刑(リンチ)に変貌する。
今回の写真の扱い方には、報道という本来の目的以外のなんらかの意図があるのではないか。
下種の勘繰りかもしれないが、僕はそのように感じた。

各社の報道によると、当該人物は事件について自供を始めたとのこと。
事件にかかわった者が誰であれ、人をあやめることは決して許されないことだ。
真相は、これから明らかになるのだろう。
だが、報道される内容に注意して、それらを鵜呑みにせず自分で物事を判断することが必要だ。

ちなみに、こうしたセンセーショナルな話題が紙面を賑わせているときに限って、
大事なことがどんどん決められていくことが少なくない。
新聞の1面トップよりも、むしろ雑報に目を通したほうが世間の流れを把握できる。


そういえばもうすぐサッカーワールドカップか。また紙面がサッカー一色になるのかな。
(写真はぜんぜん関係ない実家の猫)b0101334_23592968.jpg
[PR]
by ogami_dori | 2006-06-05 20:31 | 時事ネタ
<< てんやわんや 神戸へ >>