山の記録や日々の生活、考えていることなど。
by ogami_dori
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
考えていること
子供

映画
時事ネタ
未分類
以前の記事
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
リンク
私の愛すべき山仲間たち
山の師匠、MMが山への、人生への想いを綴っています。何気ない一言に重みがあります。

AYA'S JOURNAL
山でも下界でもお世話になってるあやさん。人気ブロガーです。山ネタは被ること多し→一緒に行ってるから。

飛鳥的宝貝
半分宇宙人の血が流れている(?)あすかさん。感性豊かな文章が印象的。ハイジ好き。

Sky Abobe,Slope below
山ボーダーぐっさん。ヨセミテクライマーでもある。とある事件で身体に金属片を埋め込まれ、サイボーグとなった。

やまやなぶろぐ
精力的に山を続けているオーロラさんのブログ。年間山行日数は僕の倍くらい?羨ましい~。

好きだぜ~やま~っ。
本人は「ボル田ジム男」なんて言ってるが、アルパインもフリーも積極的にやってるkazoooさん。彼の小学生レベルのネタが、僕は大好きです。
下の「山登なでしこ」は、山でも人生でもパートナーのkuchakuchaさんのブログ。

ヤマレコ
山行記録の管理にとても便利!カモの会のmatoyanが開発・運営してます。すげー!
フォロー中のブログ
山登なでしこ。
最新のトラックバック
手足口病の症状 大人も子..
from 手足口病の症状 大人も子供も注意
雨じゃなかったけど
from AYA'S JOURNAL
子供の病気を解説@子供の..
from 子供の病気を解説@子供の病気..
「登り隊」岩トレin城山..
from AYA'S JOURNAL
ひさびさ!TWALL。
from 飛鳥的宝貝
ミッフィー絵皿 最終章
from AYA'S JOURNAL
小川山①
from 飛鳥的宝貝
「登り隊」剱岳③ 剣沢に..
from AYA'S JOURNAL
「のぼり隊」またまたイン..
from AYA'S JOURNAL
「登り隊」岩トレ@越沢バ..
from AYA'S JOURNAL
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


越沢バットレス

行きたいと思いながら、なかなか行く機会がなかった奥多摩・越沢(こいざわ)バットレス。
トポには「本番さながらの登攀ができるゲレンデ」なんてことが書いてあるし、
実際に越沢で岩トレした人からも「本番より怖い」という話を聞いていた。
b0101334_18581662.jpg
越沢バットレスの最寄駅「鳩ノ巣」から徒歩でゲレンデに向かい、山道から沢沿いを歩いていくと、鬱蒼とした山の中に突然大きな岩壁が出現する(駅から30~40分?)。
前日まで雨が降っていたこともあり、岩場は濡れていて、予想以上に迫力がある。
(写真→慎重に懸垂下降するあやさん)




越沢初心者が大半を占める僕らのパーティは、手始めに簡単な「右ルート(3ピッチ)」を登ることになった。


b0101334_190973.jpg
オーダーは、Oさん・あやさん・ぐっさん、MM・Yくん・僕の2チーム。
僕のチームは山の学校の先輩でもあるYくんがリードすることに。
1ピッチ目はさほど難しい岩ではないけど、雨で濡れていて滑りやすくなっているので慎重さが必要。
(写真→1ピッチ目を登るOさんチーム)
2~3ピッチ目は岩場も乾いていて比較的快適なクライミングができたが、
終了点まで間近の核心部のスラブも雨(水が染み出ているのか?)で濡れていて、とっても危ない。
ここをリードしたYくん、さすが山の学校の先輩だな~。
6人全員が登りきったところで懸垂下降。9時半ころから登り始めて、既に正午を過ぎている。時間かかり過ぎだな…。

2本目はOさん・僕、ぐっさん・Yくん、MM・あやさんの3チーム編成に変更。
MM・あやさんを除く2チームは「第2スラブ(3ピッチ)」を登ることになった。
はじめに僕がリードすることになったが、Oさん「1ピッチ目は簡単そうに見えるけど、けっこういやらしいから気をつけて」とアドバイス。
…本当にいやらしかった。途中が水に濡れていて、非常に滑りやすい。
苦労した挙句、足を滑らせてしまった…(1mは落ちたか?)。
「落ちてはいけない」のがアルパインクライミングの鉄則なのに…けっこうショック。
やたら難しく感じたのは、登攀技術が不足しているだけでなく、ルートファインディングが悪かったせいもあるのかもしれない。
b0101334_1904852.jpg
2ピッチ目+3ピッチ目の途中まではOさんがリード。この辺りの高度感が凄い!
(写真→上部の真ん中辺りが「すべり台」と呼ばれている岩。第2スラブの核心部)
で、このルートの核心部(?)である3ピッチ目を僕がリードすることになった。
よく岩を見ればいいホールドがけっこうあるけど、高度感による緊張と「落ちてはいけない」というプレッシャーで手から汗が出てくる…。
なんとか全員登りきって懸垂下降をしたら、もう17時近い…。けっきょく2本しか登れなかった。



帰りは鳩ノ巣駅前の居酒屋(?)で乾杯。ふー、ビールが上手い。
今回は色々と課題が残ったな。
①ルートファインディング能力を高める
②支点作成、懸垂下降準備などロープワークにかかる時間を短縮する。
③「難しいグレードを登る技術」の向上だけでなく、「絶対に落ちないグレード」の底上げをする。
特にスピードアップは不可欠。練習不足を痛感した一日だった。でも楽しかったなあ。
[PR]
by ogami_dori | 2006-06-17 17:02 |
<< 雨の日の公園にて 西丹沢・大杉山読図その2 >>