山の記録や日々の生活、考えていることなど。
by ogami_dori
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
考えていること
子供

映画
時事ネタ
未分類
以前の記事
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
リンク
私の愛すべき山仲間たち
山の師匠、MMが山への、人生への想いを綴っています。何気ない一言に重みがあります。

AYA'S JOURNAL
山でも下界でもお世話になってるあやさん。人気ブロガーです。山ネタは被ること多し→一緒に行ってるから。

飛鳥的宝貝
半分宇宙人の血が流れている(?)あすかさん。感性豊かな文章が印象的。ハイジ好き。

Sky Abobe,Slope below
山ボーダーぐっさん。ヨセミテクライマーでもある。とある事件で身体に金属片を埋め込まれ、サイボーグとなった。

やまやなぶろぐ
精力的に山を続けているオーロラさんのブログ。年間山行日数は僕の倍くらい?羨ましい~。

好きだぜ~やま~っ。
本人は「ボル田ジム男」なんて言ってるが、アルパインもフリーも積極的にやってるkazoooさん。彼の小学生レベルのネタが、僕は大好きです。
下の「山登なでしこ」は、山でも人生でもパートナーのkuchakuchaさんのブログ。

ヤマレコ
山行記録の管理にとても便利!カモの会のmatoyanが開発・運営してます。すげー!
フォロー中のブログ
山登なでしこ。
最新のトラックバック
手足口病の症状 大人も子..
from 手足口病の症状 大人も子供も注意
雨じゃなかったけど
from AYA'S JOURNAL
子供の病気を解説@子供の..
from 子供の病気を解説@子供の病気..
「登り隊」岩トレin城山..
from AYA'S JOURNAL
ひさびさ!TWALL。
from 飛鳥的宝貝
ミッフィー絵皿 最終章
from AYA'S JOURNAL
小川山①
from 飛鳥的宝貝
「登り隊」剱岳③ 剣沢に..
from AYA'S JOURNAL
「のぼり隊」またまたイン..
from AYA'S JOURNAL
「登り隊」岩トレ@越沢バ..
from AYA'S JOURNAL
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


J-WALL

日曜日は、本当なら谷川・一ノ倉沢へ偵察に行く予定だった。
…けっきょく雨で中止。最近、本当にこういうパターンが多い。まあ梅雨だから仕方ないけど。
b0101334_19124195.jpg
午後、長後にあるJ-WALLへ行き、インドアクライミング。メンバーはOさん、あやさん、僕。先週のストマジと同じ面子。
雨の日のジムは、たいてい山ヤでごった返しているのだけど、この日の混み具合はちょっと異様だった。
どうやらボルダリングコンペがあったらしい。たしかに店内を見渡すとボルダラーばかりで、ハーネスつけてる人(=ルートやる人)はそう多くはないみたい。
(写真→ちょっと前傾壁で頑張るあやさん)






ボルダリングで少し馴らした後、1、2本トップロープでも登ろうと考えていたら、
Oさんから「じゃ、あそこリードして(トップロープ張るから)」と指示。ちょっと前傾になっている壁で、簡単なルート(5.8)を登ることに。
このところあまり調子が良くなかったので緊張したけれど、まあまあスムーズに登れた。
その後、5.10bc、5.10c、5.10dを登る。10dは1テンしてしまったけれど、まずまずの成果。
やっぱり週1でもジムに通っていると、調子もいいようだ。

この日は、Oさん所属山岳会の12クライマーのIさん、Iさんの奥様もいらしていた。
Iさんは、昔はバリバリのアルパイン・クライマーだったそうだが、今はフリー専門でやっていらっしゃるということ。
IさんとIさんの奥様の登りを見ていると、ロープのクリップが素早いこと、クライミング動作に余計な力が入っていないことが分かる。

Iさんに誘われて、今まで一度も登ったことがないオーバーハングルートのリードに挑戦してみた。
最初は簡単な5.10a。いちおうオンサイトしたけど、無理やり力で登っている感じ。レストポイントが分からない。
次にIさんオススメの5.10cに挑戦した…が、結果は惨敗。4ピン目をクリップするときにフォールしてしまい、グラウンドフォールすれすれ…。
「クリップ時のフォールが一番危ない」ということは、色々な人から教わっていたことだけに、なぜそれを防げなかったのか、きちんと整理して考える必要がある。
帰りがけに、ベテランぽい男性にアドバイスを受ける。発言の一つ一つが的を射ていて、とても参考になった。
今日はフォールしてしまった10cのルート、次回は必ず完登してみせる!

<今日学んだこと>
・レストは肩の力を抜いて、足を壁につっぱる感じでやるといいらしい
・オブザベーション(ルートの見極め)をしっかりやる
・安易にフォールしない。ヤバイときはヌンチャクでも他のホールドでも掴む
・フォールしそうなときは、ビレイヤーに声をかけて少しでも安全を確保する
・ビレイヤーは、クライマーの邪魔にならないようロープの流れ、方向に注意する
・特に、ロープがクライマーの足の間に入ってしまうと、フォール時に火傷を負ったり、ひっくり返って頭を打つ危険がある
・ほかの人の登り方、ビレイを観察して、より安全なクライミングを心がける
[PR]
by ogami_dori | 2006-07-10 18:45 |
<< 実録!パジャマのズボンはき 雨の日のお散歩 >>