山の記録や日々の生活、考えていることなど。
by ogami_dori
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
考えていること
子供

映画
時事ネタ
未分類
以前の記事
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
リンク
私の愛すべき山仲間たち
山の師匠、MMが山への、人生への想いを綴っています。何気ない一言に重みがあります。

AYA'S JOURNAL
山でも下界でもお世話になってるあやさん。人気ブロガーです。山ネタは被ること多し→一緒に行ってるから。

飛鳥的宝貝
半分宇宙人の血が流れている(?)あすかさん。感性豊かな文章が印象的。ハイジ好き。

Sky Abobe,Slope below
山ボーダーぐっさん。ヨセミテクライマーでもある。とある事件で身体に金属片を埋め込まれ、サイボーグとなった。

やまやなぶろぐ
精力的に山を続けているオーロラさんのブログ。年間山行日数は僕の倍くらい?羨ましい~。

好きだぜ~やま~っ。
本人は「ボル田ジム男」なんて言ってるが、アルパインもフリーも積極的にやってるkazoooさん。彼の小学生レベルのネタが、僕は大好きです。
下の「山登なでしこ」は、山でも人生でもパートナーのkuchakuchaさんのブログ。

ヤマレコ
山行記録の管理にとても便利!カモの会のmatoyanが開発・運営してます。すげー!
フォロー中のブログ
山登なでしこ。
最新のトラックバック
手足口病の症状 大人も子..
from 手足口病の症状 大人も子供も注意
雨じゃなかったけど
from AYA'S JOURNAL
子供の病気を解説@子供の..
from 子供の病気を解説@子供の病気..
「登り隊」岩トレin城山..
from AYA'S JOURNAL
ひさびさ!TWALL。
from 飛鳥的宝貝
ミッフィー絵皿 最終章
from AYA'S JOURNAL
小川山①
from 飛鳥的宝貝
「登り隊」剱岳③ 剣沢に..
from AYA'S JOURNAL
「のぼり隊」またまたイン..
from AYA'S JOURNAL
「登り隊」岩トレ@越沢バ..
from AYA'S JOURNAL
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


初11オンサイト(ただし室内壁)

b0101334_1430156.jpg
夏の登攀も間近に迫ってきた。本当は広沢寺で岩トレの予定だったが、朝から雨で中止。
昼過ぎからJ-WALLに出没して練習。メンバーは僕とあやさんの2人。
あと、山の学校で日頃お世話になっているKさんもお仲間といらしていた。
Kさんは昔はアルパイン専門の山ヤで、海外遠征の経験も豊富なクライマー。
今はフリークライミングに没頭しているという。
(写真→Kさんチームは11cルートに熱中)



個人的な感想だが、J-WALLの壁は、これまで行ったことのある他のインドアクライミングジムに比べると、ルートの設定が素直で登りやすい。
他のジムでは、手の動きだけでなく、足を置く場所まで指定されているルート(手足限定)が多いが、J-WALLは足自由のルートが多いことも要因だと思われる。
「足自由」が好きな僕は、J-WALLでは他のジムより1、2ランク上のルートも登れてしまうのである。
そういえば、山の師匠であるMMが以前、「ここは、実際の岩場に近いルートが設定されているんだよ」と言っていたな。



この日、トップロープ数本、リード1本登ったところで、「けっこう調子いいかも」と感じていた。
前回このジムで練習した際、薄かぶりの10dを1テンで登れたこともあったので、今日はもう1つ上のランクである「11a」のリードに挑戦してみた(垂壁)。
結果、とてもスムーズなクライミングではなかったが、いちおうオンサイト。
11台のオンサイトは初めてだったので、終了点までノーテンで到達できたときは本当に嬉しかった。
10dだの11aだのというグレードはルート設定者の主観によるものであり、絶対的な数字ではないけれど、どんなルートでも11を登れたという事実は、自分自身の励みになることは確かだ。

あやさんが先に帰ってしまった後はボルダリングで練習。
前回、オーバーハングの10cルートでダメダメだったので、かぶった壁で練習してみるが、いまいちハングの登り方が分からない。
「分かんないなー」とぼやいていると、「最初から分かったら苦労しないよ」とKさん。そりゃそうだ。
Kさんにコツを伺ってみると、「身体をひねって壁に腰を近づけることが重要」だという。
それを念頭において登ってみるけど、どうしても力技で登ってしまう。
Kさんによると、ハングルートの練習を集中して行うことで、ハングにあわせた持久力や筋力が次第についてくるので、そのうち登れるようになるとのこと。
焦らずに一歩一歩ということか。

<今日の成果>
・垂壁11aオンサイト
・ハングのコツ「身体をひねって壁に腰を近づける」
・前回12クライマーのIさんに教わったレストのコツ(肩の力を抜いて足をつっぱる)がなんとなく分かった。
[PR]
by ogami_dori | 2006-07-22 13:55 |
<< 一周忌 新江ノ島水族館へ >>