山の記録や日々の生活、考えていることなど。
by ogami_dori
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
考えていること
子供

映画
時事ネタ
未分類
以前の記事
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
リンク
私の愛すべき山仲間たち
山の師匠、MMが山への、人生への想いを綴っています。何気ない一言に重みがあります。

AYA'S JOURNAL
山でも下界でもお世話になってるあやさん。人気ブロガーです。山ネタは被ること多し→一緒に行ってるから。

飛鳥的宝貝
半分宇宙人の血が流れている(?)あすかさん。感性豊かな文章が印象的。ハイジ好き。

Sky Abobe,Slope below
山ボーダーぐっさん。ヨセミテクライマーでもある。とある事件で身体に金属片を埋め込まれ、サイボーグとなった。

やまやなぶろぐ
精力的に山を続けているオーロラさんのブログ。年間山行日数は僕の倍くらい?羨ましい~。

好きだぜ~やま~っ。
本人は「ボル田ジム男」なんて言ってるが、アルパインもフリーも積極的にやってるkazoooさん。彼の小学生レベルのネタが、僕は大好きです。
下の「山登なでしこ」は、山でも人生でもパートナーのkuchakuchaさんのブログ。

ヤマレコ
山行記録の管理にとても便利!カモの会のmatoyanが開発・運営してます。すげー!
フォロー中のブログ
山登なでしこ。
最新のトラックバック
手足口病の症状 大人も子..
from 手足口病の症状 大人も子供も注意
雨じゃなかったけど
from AYA'S JOURNAL
子供の病気を解説@子供の..
from 子供の病気を解説@子供の病気..
「登り隊」岩トレin城山..
from AYA'S JOURNAL
ひさびさ!TWALL。
from 飛鳥的宝貝
ミッフィー絵皿 最終章
from AYA'S JOURNAL
小川山①
from 飛鳥的宝貝
「登り隊」剱岳③ 剣沢に..
from AYA'S JOURNAL
「のぼり隊」またまたイン..
from AYA'S JOURNAL
「登り隊」岩トレ@越沢バ..
from AYA'S JOURNAL
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


剱へ その1

b0101334_17424536.jpg
夏休みイベント第二弾!こんどは山。
長期休暇のあるときでなければなかなか行けない、剱・立山に行くことになった。
メンバーは、Oさん(CL)、あやさん(食料担当)、ぐっさん(記録)、よーいちくん(気象)、そして僕(雑用)の5人。我々を率いるはずだった師匠のMMは、残念ながら参加されず。
今回の目標は、源治郎尾根を登攀することだ。アタックは12日だが、天候がいまいち不安定で、どうなるか分からない。
僕以外の4人は、11日~14日までの入山で、予備日も一日あるけど、僕は仕事の都合上、13日に下山しなければいけない。予備日はなし。

10日夜、新宿から夜行バス「さわやか信州号」に乗って、一路立山へ。
出発日がピーク前で平日ということもあって、車内はかなり余裕がある。
僕らは最後尾とその一つ手前のシートを陣取って、ゆったりしたスペースをフル活用して就寝。この路線は、新宿から乗って寝ていれば、翌朝には室堂まで運んでくれる、至極便利なもの。




b0101334_17442440.jpg
11日朝、7:00ごろに室堂到着。天気は快晴!でも、明日は崩れるらしい…。
室堂で装備を整える。その際、売店で売られていた地ビールを買ってみた。
今日は雷鳥沢を越えて剱沢まで4時間にも満たない行程。午前中には着いてしまうだろう。
なので、初日はあまり軽量化を考えずに荷物を詰めてきた。テントも余裕のある6人用だし、コッヘルも大きめなものを用意した。
7:30ごろ、室堂を出発。まだ早い時間帯のせいか、観光客の姿は少なく、代わりに我々のような登山者の姿が目に付く。みくりが池を通って雷鳥平、さらに雷鳥沢を登る。

それにしても素晴らしい天気で、チングルマ(だったはず…)の群生が美しい。
Oさんに「みんな花の名前を知らなさ過ぎるぞ!」と言われ、「これはアオノツガザクラ」「これはキンバイ」と教わりながら歩を進める。
b0101334_17433475.jpg


雷鳥平と剱沢までの中間地点である別山乗越に着くと、剱岳が一望できた。
この山は「岩と雪の殿堂」と言われるだけあって、他の立山の山々とは異なる様相を呈している。岩だらけの穂高や槍ヶ岳とも違った雰囲気だ。別山乗越まで来れば、剱沢まではあと一息だ。
b0101334_17445956.jpg
剱沢に着いたのは、ちょうど昼頃。ここをベースキャンプにして、源治郎を目指す。
テントを張って、剱岳を眺めながら乾杯。午後は思い思いにのんびりとした時間を過ごす。
夕方から食事の準備をしていると、山の学校の仲間のあすかさんとパートナーのHさんの姿が!
夕飯はタイカレー(グリーンカレー)。まさか山の中でエスニック料理を食べられるとは。あやさん、とっても美味しゅうございました。

明日は源治郎登攀だが、果たして…。
[PR]
by ogami_dori | 2006-08-11 17:10 |
<< 剱へ その2 ビックカメラ雑感 >>