山の記録や日々の生活、考えていることなど。
by ogami_dori
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
考えていること
子供

映画
時事ネタ
未分類
以前の記事
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
リンク
私の愛すべき山仲間たち
山の師匠、MMが山への、人生への想いを綴っています。何気ない一言に重みがあります。

AYA'S JOURNAL
山でも下界でもお世話になってるあやさん。人気ブロガーです。山ネタは被ること多し→一緒に行ってるから。

飛鳥的宝貝
半分宇宙人の血が流れている(?)あすかさん。感性豊かな文章が印象的。ハイジ好き。

Sky Abobe,Slope below
山ボーダーぐっさん。ヨセミテクライマーでもある。とある事件で身体に金属片を埋め込まれ、サイボーグとなった。

やまやなぶろぐ
精力的に山を続けているオーロラさんのブログ。年間山行日数は僕の倍くらい?羨ましい~。

好きだぜ~やま~っ。
本人は「ボル田ジム男」なんて言ってるが、アルパインもフリーも積極的にやってるkazoooさん。彼の小学生レベルのネタが、僕は大好きです。
下の「山登なでしこ」は、山でも人生でもパートナーのkuchakuchaさんのブログ。

ヤマレコ
山行記録の管理にとても便利!カモの会のmatoyanが開発・運営してます。すげー!
フォロー中のブログ
山登なでしこ。
最新のトラックバック
手足口病の症状 大人も子..
from 手足口病の症状 大人も子供も注意
雨じゃなかったけど
from AYA'S JOURNAL
子供の病気を解説@子供の..
from 子供の病気を解説@子供の病気..
「登り隊」岩トレin城山..
from AYA'S JOURNAL
ひさびさ!TWALL。
from 飛鳥的宝貝
ミッフィー絵皿 最終章
from AYA'S JOURNAL
小川山①
from 飛鳥的宝貝
「登り隊」剱岳③ 剣沢に..
from AYA'S JOURNAL
「のぼり隊」またまたイン..
from AYA'S JOURNAL
「登り隊」岩トレ@越沢バ..
from AYA'S JOURNAL
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


剱へ その3

b0101334_1359453.jpg
この日、僕を除く4人のメンバーは源治郎尾根の登攀を目指す。一方、僕は今日中に下山しなければならないので、源治郎は諦めて(まる一日かかるため)一般ルートからの剱登頂を試みる。
3:45、暗い中を一人出発する。一般ルートの方向に目を向けると、すでにヘッデン(ヘッドランプ)の光がチラホラと見える。どうやら数パーティが行動を開始しているようだ。
僕もヘッデンの光を頼りに歩を進める。

一般ルートピストンにあたって、自分の中で「7:00登頂、9:00剱沢、12:00室堂」というコースタイムを想定していた。そして、7:00までに登頂できなければその時点で下山しようとも決めていた。
それは、剱沢から室堂までの下山、そして室堂から大町までの道のりを考えてのことだ。
(実は、先日結婚したばかりの義姉夫婦が、遠方から妻の実家を訪れており、そのために遅くとも20時までには帰りたいという気持ちがあったからなのだけど)
エアリアのコースタイムでは、剱沢~剱岳山頂まで約3時間。これは休憩を含まない行動時間だが、それよりは早く歩く自信はあるし、ザックには必要最低限のものは入っているけど、いつものことを考えればほとんど空身。余裕はたっぷりある。

いくつかの先行パーティを追い抜く際、「特攻隊が行くぞ~」なんて言われた。
…まあ、単独行だからなあ。〝あぶない登山者〟と見られても仕方がないか。
ちなみに、先行パーティのメンバーはほとんど中高年の男女混成。若い人がいないのは不思議だ。岩をやりに来たパーティには、若手もチラホラ見えたのだが。





ヘッデンをつけての単独行となると、日中よりも安全確保に配慮しなければならない。
今回あらためて気がついたのは、夜間の一人歩きはルートファインディングも難しくなるということだ。
剱岳の一般ルートは、基本的に岩だらけ。なので、岩をかじったlことの人なら、あらゆるところがルートに見えてしまう場合もある。
「この岩はホールドもしっかりしているなあ」なんて気持ちでちょっと攀じってみたけど、岩トレなぞやったことのない人(=かつての自分)がザイルなしで登るにしては、厳しいのではないか…。
そう考え直してクライムダウン、辺りを見回すと、案の定、足だけで登れるルートがあったりする。
剱岳の一般ルートは、最盛期の日中には登山道が〝渋滞〟することもあるというほどの人気ぶり。
周囲にパーティがいない状況だからこそ、こうしたミスも起こるし、それがまた山行の緊張感を高めもする。
b0101334_13545456.jpg
一服剱を過ぎ、前剱に取りかかるころ、ようやく空が白けてきた。昨日よりは天候が安定していそうだ。1時間おきに源治郎パーティと無線交信する。
前剱のピーク(写真)を踏むと、辺りはガスで覆われている。風は少々あるが寒くはない。
ここまでおよそ1時間半。ほぼ予定通り。足取りも軽く、調子がいい。

前剱から剱までの道のりには、いくつか鎖場が出現する。有名なのは「カニのタテバイ・ヨコバイ」だが、トラバースを要する箇所にも鎖が張られている。
ザイルを使ったクライミングを始めた僕にとって、何の確保もないまま鎖場を通過することは「むしろ危ないんじゃないか?」と思わせる。
ザイルで繋がっていれば、最悪の場合、滑落しても確保される可能性は残されている。だが、鎖場で手を離してしまったら、そのまま谷底へ真っ逆さまだからだ。
というわけで、安全を期すために120cmのソウンスリングで簡易ハーネスを作成、さらにアルパイン用の自作ヌンチャク(クイックドロー)と安全環付カラビナを使って、自分の身体を鎖につなげて安全を確保する。
支点の通過は、フィックスロープの通過と同じ要領で、
①通常は二つのカラビナを鎖にかけておく。
b0101334_13581089.jpg

②支点に到達したら、一つ目のカラビナを外し、支点の向こう側にかける。
b0101334_13582487.jpg

③一つ目のカラビナをかけ直したら、二つ目のカラビナも支点の向こう側にかける。
b0101334_13584125.jpg

こうすることで、一時たりとも自分の身体が鎖と離れないようにするわけだ。
確保なしで鎖場を通過するのと比べると、多少の時間はかかるが、安全性は高くなる。
他のメンバーがいない単独行の場合、ちょっとしたことでも労を惜しまず、より安全な方法を選択することが大切なのではないかと思う。
(なんでもないところでも気を抜かないことも重要)
b0101334_145742.jpg

剱一般ルートの核心部である、カニのタテバイ・ヨコバイ(どちらが上りで下りなのか失念)を登りきり、さらに岩場を詰めるとようやくピークにたどり着いた。登頂は6:25。
山頂は晴れ渡っていて、素晴らしい眺望だ。雲海も美しい。源治郎パーティはどうなっているか。ぐっさんと無線で交信すると、支尾根を登っている最中とのこと。
山頂から源治郎尾根を窺うと、下がガスっていて支尾根までは見えない。(写真)

僕は、どうやら今日3人目の登頂者らしい。てっきり1人目かと思ったら、僕よりもずっと先を歩いていた人が2人いた(2人とも単独)。

山頂でちょっと休み、下山開始。そういえば、あすかさんとHさん(ハイジさん)も一般ルートを行くと言っていたけど、きっと下山路で出会えることだろう。
(3:45剱沢~5:10前剱~6:25剱岳山頂)
[PR]
by ogami_dori | 2006-08-13 12:53 |
<< 剱へ その4 剱へ その2 >>