山の記録や日々の生活、考えていることなど。
by ogami_dori
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
考えていること
子供

映画
時事ネタ
未分類
以前の記事
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
リンク
私の愛すべき山仲間たち
山の師匠、MMが山への、人生への想いを綴っています。何気ない一言に重みがあります。

AYA'S JOURNAL
山でも下界でもお世話になってるあやさん。人気ブロガーです。山ネタは被ること多し→一緒に行ってるから。

飛鳥的宝貝
半分宇宙人の血が流れている(?)あすかさん。感性豊かな文章が印象的。ハイジ好き。

Sky Abobe,Slope below
山ボーダーぐっさん。ヨセミテクライマーでもある。とある事件で身体に金属片を埋め込まれ、サイボーグとなった。

やまやなぶろぐ
精力的に山を続けているオーロラさんのブログ。年間山行日数は僕の倍くらい?羨ましい~。

好きだぜ~やま~っ。
本人は「ボル田ジム男」なんて言ってるが、アルパインもフリーも積極的にやってるkazoooさん。彼の小学生レベルのネタが、僕は大好きです。
下の「山登なでしこ」は、山でも人生でもパートナーのkuchakuchaさんのブログ。

ヤマレコ
山行記録の管理にとても便利!カモの会のmatoyanが開発・運営してます。すげー!
フォロー中のブログ
山登なでしこ。
最新のトラックバック
手足口病の症状 大人も子..
from 手足口病の症状 大人も子供も注意
雨じゃなかったけど
from AYA'S JOURNAL
子供の病気を解説@子供の..
from 子供の病気を解説@子供の病気..
「登り隊」岩トレin城山..
from AYA'S JOURNAL
ひさびさ!TWALL。
from 飛鳥的宝貝
ミッフィー絵皿 最終章
from AYA'S JOURNAL
小川山①
from 飛鳥的宝貝
「登り隊」剱岳③ 剣沢に..
from AYA'S JOURNAL
「のぼり隊」またまたイン..
from AYA'S JOURNAL
「登り隊」岩トレ@越沢バ..
from AYA'S JOURNAL
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


神妙になる日

剱登攀(結果的にはピストン)の翌週は、山には入らず家で過ごした。
家事をしたり娘と遊んだりしているうちに、気がついた。「あ、8月15日過ぎてるな」

8月15日とは、言うまでもなく終戦記念日のことだ。
自分に戦争の記憶などあるはずもないが、幼い頃、母親に連れられて戦争展に行ったり、戦争を体験したお年寄りの話を聞いたりしたことがあったせいか、毎年夏になると神妙になる日がある。
そういう日は、心の中で戦争で亡くなった方々の冥福を祈る。

ある人にこんな話を聞いた。
横須賀に鷹取山という山がある。昔は採石場だったが、今では一帯が公園化され、フリークライミングの練習場として名を馳せている。僕も何度か行ったことがある。
だが、横須賀港を一望できる立地であるため、戦時中は入山が禁じられていた。入山すれば、スパイとして逮捕されたのだという。

僕の好きなジャーナリストの一人に、黒田清(故人)という人がいる。
大阪読売の社会部長を務めたその人は、著書の中で戦争に反対する理由について「幸せの源である家庭を破壊するから」と記していた。

戦争になったら山に行けなくなる。それだけなく、家族の幸せそのものが危機に瀕する。
天下国家を論じる人は批判するかもしれないけれど、僕は「戦争になれば自分の楽しみが奪われる。そんなのはゴメンだ」という、ごく個人的かつ単純な理由で戦争を否定している。
[PR]
by ogami_dori | 2006-08-19 20:09 | 考えていること
<< ゲド戦記 あまえんぼ >>