山の記録や日々の生活、考えていることなど。
by ogami_dori
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
考えていること
子供

映画
時事ネタ
未分類
以前の記事
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
リンク
私の愛すべき山仲間たち
山の師匠、MMが山への、人生への想いを綴っています。何気ない一言に重みがあります。

AYA'S JOURNAL
山でも下界でもお世話になってるあやさん。人気ブロガーです。山ネタは被ること多し→一緒に行ってるから。

飛鳥的宝貝
半分宇宙人の血が流れている(?)あすかさん。感性豊かな文章が印象的。ハイジ好き。

Sky Abobe,Slope below
山ボーダーぐっさん。ヨセミテクライマーでもある。とある事件で身体に金属片を埋め込まれ、サイボーグとなった。

やまやなぶろぐ
精力的に山を続けているオーロラさんのブログ。年間山行日数は僕の倍くらい?羨ましい~。

好きだぜ~やま~っ。
本人は「ボル田ジム男」なんて言ってるが、アルパインもフリーも積極的にやってるkazoooさん。彼の小学生レベルのネタが、僕は大好きです。
下の「山登なでしこ」は、山でも人生でもパートナーのkuchakuchaさんのブログ。

ヤマレコ
山行記録の管理にとても便利!カモの会のmatoyanが開発・運営してます。すげー!
フォロー中のブログ
山登なでしこ。
最新のトラックバック
手足口病の症状 大人も子..
from 手足口病の症状 大人も子供も注意
雨じゃなかったけど
from AYA'S JOURNAL
子供の病気を解説@子供の..
from 子供の病気を解説@子供の病気..
「登り隊」岩トレin城山..
from AYA'S JOURNAL
ひさびさ!TWALL。
from 飛鳥的宝貝
ミッフィー絵皿 最終章
from AYA'S JOURNAL
小川山①
from 飛鳥的宝貝
「登り隊」剱岳③ 剣沢に..
from AYA'S JOURNAL
「のぼり隊」またまたイン..
from AYA'S JOURNAL
「登り隊」岩トレ@越沢バ..
from AYA'S JOURNAL
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


小川山クライミング その②(兄岩)

b0101334_13421899.jpg

たらふく食べたバーベキューの翌朝。Oさんとあやさんが早起きしてほうとうを作って下さった(どうもありがとう)。あれだけ食べたのに、やっぱり朝起きると腹が減っている。食いだめは出来ないんだな~なんて下らないことを考える。
Oさんとぐっさんはそれぞれ用事があるので、クライミングをせずにそのまま下山。お疲れさまでした。ハイジさんはクライミングをやらないので、我々が戻ってくるまでのんびり(昨日は金峰山をトレイルラン)。
b0101334_13453323.jpg
MM、あや、あすか、僕の4人は、まず父岩にある小川山ストーリー(5.9、右の写真)を見学。その周囲で講習会が行われていたこともあって、結構な人数が父岩に集まっている。そこで、父岩の下にある兄岩で練習することになった。
1本目は「タジアンⅡ」。MMリードで、3人はトップロープ。あすかさんが登っている姿をカメラにおさめたら、クライマーっぽい写真になった。(上の写真。あすかさん拝借)
2本目はタジアンⅡの左隣にある「モラトリアム(だったはず)」。1ピッチのルートだが、マルチの練習を兼ねて、MM―あや、僕―あすかでザイルを組んで登ることになった。
はじめにMMがリードするが、途中(4~5ピン目辺り)でボルトの間がとても空いている。
ひとまずMMが降りてきて、僕がリードしてみることになった。

問題の箇所に到達するものの、どうしても次の一歩が踏み出せない。
ボルトの間隔が遠いこと、ルート上部の傾斜が緩くなっているため、ビレイヤーの姿が見えず意思疎通が難しいことが、僕を躊躇させる。
さらに言えば、登る前にあやさんから「無理して登っちゃダメだよ」というようなことを言われたことも大きい。
あやさんの発言には、きちんとした理由がある。最近、ジムや外岩のリードで僕が危ない目に遭っていることを踏まえて、くれぐれも無茶をしないよう心配してくれているのだ。
行くべきか降りるべきか考えあぐねていると、下から「一度降りてきて」とMMの声。これで降りる決意がついた。ロアーダウンで下降していくと、あやさんが安堵の表情をみせていた。

僕も、越沢バットレスで墜落してから色々考えるようになって、危なそうな場合は無茶をしないよう心がけている。
「危なそうな場合」を乗り越えた先に、さらなる向上があるのではないかという気持ちもあるけど、それはもっと実力をつけてからの話だと考えている。

b0101334_13413156.jpg
けっきょく、そのルートはMMがクライマー魂を発揮して完登。僕もセカンドで登るが、リード時とは安心感がまった違う。その分達成感は低くなるのだが、ともあれ上からの眺めは素晴らしい。
隣のルートはこんな感じ。少しは高度感が伝わるだろうか。
モラトリアム(?)を登ったところで時間切れ。下山して朝食の残りのほうとうをみんなで食べて解散となった。
リゾート気分満喫の週末だった。皆さんお疲れ様でした!
[PR]
by ogami_dori | 2006-09-10 12:47 |
<< 反省 小川山クライミング その①(瑞... >>