山の記録や日々の生活、考えていることなど。
by ogami_dori
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
考えていること
子供

映画
時事ネタ
未分類
以前の記事
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
リンク
私の愛すべき山仲間たち
山の師匠、MMが山への、人生への想いを綴っています。何気ない一言に重みがあります。

AYA'S JOURNAL
山でも下界でもお世話になってるあやさん。人気ブロガーです。山ネタは被ること多し→一緒に行ってるから。

飛鳥的宝貝
半分宇宙人の血が流れている(?)あすかさん。感性豊かな文章が印象的。ハイジ好き。

Sky Abobe,Slope below
山ボーダーぐっさん。ヨセミテクライマーでもある。とある事件で身体に金属片を埋め込まれ、サイボーグとなった。

やまやなぶろぐ
精力的に山を続けているオーロラさんのブログ。年間山行日数は僕の倍くらい?羨ましい~。

好きだぜ~やま~っ。
本人は「ボル田ジム男」なんて言ってるが、アルパインもフリーも積極的にやってるkazoooさん。彼の小学生レベルのネタが、僕は大好きです。
下の「山登なでしこ」は、山でも人生でもパートナーのkuchakuchaさんのブログ。

ヤマレコ
山行記録の管理にとても便利!カモの会のmatoyanが開発・運営してます。すげー!
フォロー中のブログ
山登なでしこ。
最新のトラックバック
手足口病の症状 大人も子..
from 手足口病の症状 大人も子供も注意
雨じゃなかったけど
from AYA'S JOURNAL
子供の病気を解説@子供の..
from 子供の病気を解説@子供の病気..
「登り隊」岩トレin城山..
from AYA'S JOURNAL
ひさびさ!TWALL。
from 飛鳥的宝貝
ミッフィー絵皿 最終章
from AYA'S JOURNAL
小川山①
from 飛鳥的宝貝
「登り隊」剱岳③ 剣沢に..
from AYA'S JOURNAL
「のぼり隊」またまたイン..
from AYA'S JOURNAL
「登り隊」岩トレ@越沢バ..
from AYA'S JOURNAL
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


活動再開!鷹取山へ

b0101334_20393690.jpg
腰の調子もだいぶ戻ってきたので、本日から活動再開!よーいち君の要望で、横須賀にある鷹取山へ行ってきた。
今回はロープワークの復習がメイン。時間があったらトップロープかアブミの練習。

以前、凹角の登り方を練習した岩場(磨崖仏方面?正確な位置分からず)へ行って、まずは基本のおさらい。
低い壁を使ってセカンドの確保、懸垂下降をやってから、ごく簡単なルートをリード、もう一度同じ内容のロープワーク。
続いて、オートロックタイプの確保器のロック解除(セカンドビレイ時)と、自己脱出の練習にうつる。
セカンドビレイ時のロック解除は、これまでも何度か練習しているのだが、とてもスムーズに解除できたとは言いがたい。今回もまた、「安全かつ迅速」とは程遠いレベルだった。
Oさんから「合計体重差が30kgあるセカンドを安全に下ろしなさい」という宿題が出ていたので、セカンドの人間はある程度の重さのザックを背負って練習。これが解除の難しさに拍車をかけたことは間違いないだろう。

山の技術全般に言えることかもしれないが、ロック解除には「これがベスト」という方法が、今のところないようだ。
よーいち君も、僕と同じく解除に苦労していた。(上の写真)
b0101334_2040236.jpg
ロープワークを一通り終えた後は、トップロープを張って登る練習。
僕はアブミ登攀(外岩では初)と凹角登り、よーいち君は凹角登りと、それぞれの課題にいそしむ。(写真→凹角を頑張るよーいち君)

風が強かったものの気持ちよい秋晴れだった。近くの学校からは、運動会のアナウンスが聞こえていた。
僕らが練習していた岩場は、終日2人が独占していた。他のルートも、さほど多くのクライマーが取り付いていたわけではなさそうだった。みんな、遠くの岩場に出かけていたのかな。
[PR]
by ogami_dori | 2006-10-14 20:20 |
<< 娘を連れてJ-WALL ぐ、旅立つ >>