山の記録や日々の生活、考えていることなど。
by ogami_dori
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
考えていること
子供

映画
時事ネタ
未分類
以前の記事
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
リンク
私の愛すべき山仲間たち
山の師匠、MMが山への、人生への想いを綴っています。何気ない一言に重みがあります。

AYA'S JOURNAL
山でも下界でもお世話になってるあやさん。人気ブロガーです。山ネタは被ること多し→一緒に行ってるから。

飛鳥的宝貝
半分宇宙人の血が流れている(?)あすかさん。感性豊かな文章が印象的。ハイジ好き。

Sky Abobe,Slope below
山ボーダーぐっさん。ヨセミテクライマーでもある。とある事件で身体に金属片を埋め込まれ、サイボーグとなった。

やまやなぶろぐ
精力的に山を続けているオーロラさんのブログ。年間山行日数は僕の倍くらい?羨ましい~。

好きだぜ~やま~っ。
本人は「ボル田ジム男」なんて言ってるが、アルパインもフリーも積極的にやってるkazoooさん。彼の小学生レベルのネタが、僕は大好きです。
下の「山登なでしこ」は、山でも人生でもパートナーのkuchakuchaさんのブログ。

ヤマレコ
山行記録の管理にとても便利!カモの会のmatoyanが開発・運営してます。すげー!
フォロー中のブログ
山登なでしこ。
最新のトラックバック
手足口病の症状 大人も子..
from 手足口病の症状 大人も子供も注意
雨じゃなかったけど
from AYA'S JOURNAL
子供の病気を解説@子供の..
from 子供の病気を解説@子供の病気..
「登り隊」岩トレin城山..
from AYA'S JOURNAL
ひさびさ!TWALL。
from 飛鳥的宝貝
ミッフィー絵皿 最終章
from AYA'S JOURNAL
小川山①
from 飛鳥的宝貝
「登り隊」剱岳③ 剣沢に..
from AYA'S JOURNAL
「のぼり隊」またまたイン..
from AYA'S JOURNAL
「登り隊」岩トレ@越沢バ..
from AYA'S JOURNAL
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


三ツ峠岩トレ その2

b0101334_21184764.jpg

朝、起きると山荘の周囲はガスに包まれていた。雨は止んだものの、岩は濡れていて乾く気配はない。
早々に下山してジムに行こう―そう決めて下山を開始して数分後、突然日が射してきた。
このため急遽登り返してみると、青空と素晴らしい雲海が広がっていた。(上の写真)
出発前には見えなかった富士山も、雲の上に顔を出していた。
b0101334_21222282.jpg

岩が乾き始めたようなので、屏風岩へ向かい、練習の準備。
他パーティでは、雨天を想定してか、アイゼントレに切り替えていたところもあった。
なんて用意周到なのだろう。

今日はY川さんとザイルを組み、マルチピッチの練習に励む。





【リーダーピッチ】Ⅳ+~【十字クラック】Ⅴ~【No.14クラック】Ⅲ+~【岩稜帯】Ⅱ・Ⅲ~【天狗の踊り場】
●1ピッチ目…トップ。Ⅳ+のルートをリード、第一バンドでY川さんを確保。
b0101334_21191722.jpg
●2ピッチ目…トップ。本当はクーロワール(Ⅴ)を行く予定だったが、昨晩降った雨のせいでビチョビチョ。このため、ルートを変更して十字クラックへ。
先行したGさん―Sさんがカムを残置してくれたので、1ピン目はそこでランニングビレイをとる。
このカムがないと、相当恐いところだった。
(Oさん曰く、このルートはカムを持っていないとやばいとのこと)
核心をAゼロで越えると、なんとかなった。
(写真→セカンドで十字クラックを登るY川さん)


b0101334_21193577.jpg
●3ピッチ目…トップ。十字クラックの上にあるテラスから、クラックを越えて上を目指す。
フェースに数本走っているクラックのうち、比較的易しげな左端のルートを選んで登る。
最初、Y川さんがリードしたが、苦戦していたのでトップ交代。
核心部は最初の出だしで、これを登ってしまえば、後は易しい岩登り。
(写真→Sさんを確保するGさん)


b0101334_21201831.jpg
●4ピッチ目…セカンド。第三バンドまで到達。この後は天狗の踊り場まで上を目指すが、はじめは権兵衛チムニー(Ⅴ-)を登ろうと思い、2ピン目までトップで行ったが、チムニーが水びだしだったので敗退。
そのため、Ⅱ~Ⅲ級の岩稜帯をY川さんがリードし、天狗の踊り場に到達した。
(写真→天狗の踊り場で確保するY川さん)

この後の懸垂下降でも、昨日と同様ザイルを肩にかけながら下ったが、なかなか上手くいかない。もっと練習しなくては。


【一般ルート】Ⅳ+~【第一クラック】Ⅳ+
●1ピッチ目…セカンド。一般ルートをY川さんがリード。このルートはしっかりとボルトが打たれていて、精神的に余裕がある。

●2ピッチ目…トップ。第一バンドをトラバースして、右端のルートを登る。そのときは「ホットドッグ」(Ⅳ+)かと思ったが、トポを見返すとどうやら第一クラック(Ⅳ+)のようだ。
昨年、初めて三ツ峠に来たとき、ここをセカンドで登って苦労した記憶がある。
今回はリードで、比較的簡単な右のフェースを登った。このルートはピンが少なく、左のクラックを登るのならカムが必要な気がする。
2ピン目のハーケンは、穴が潰れていてヌンチャクが通らない。そのため細いテープスリングを使ってランニングをとる。
そこを越えれば、後は快適なクラッククライミングを満喫できる。
クラックの10数m上方にある木を使って確保&懸垂下降。


b0101334_11505270.jpg
【都岳連ルート】Ⅴ、1ピッチ
中央カンテ(たぶん)を登っている女性パーティを待っている間、このルートを登った。
最初にGさんが登ってオンサイト。次に僕がトライ。
Gさんが登るところを見ていたので、オンサイトではなくフラッシュ。
(写真はI島さん撮影)
はじめの小ハングをアンダーホールドで越えたはいいが、ピンの間隔が遠く、緊張。
それに、すべてのホールドが甘めで、ガバは少なめ。さすがⅤ級のルートだ。
ただ、小さいホールドはけっこうあるので、慎重に立ち込みながら登ればなんとかなった。
アルパインの岩場でフリーっぽいクライミングを楽しめる好ルートだった。


今回は、2日間まるまる登攀訓練を行えて、得るものも大きかった。
他のメンバーも全員リードをやれたようで、充実した岩トレだったようだ。
[PR]
by ogami_dori | 2006-10-29 20:48 |
<< 物欲などなど 三ツ峠岩トレ その1 >>