山の記録や日々の生活、考えていることなど。
by ogami_dori
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
考えていること
子供

映画
時事ネタ
未分類
以前の記事
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
リンク
私の愛すべき山仲間たち
山の師匠、MMが山への、人生への想いを綴っています。何気ない一言に重みがあります。

AYA'S JOURNAL
山でも下界でもお世話になってるあやさん。人気ブロガーです。山ネタは被ること多し→一緒に行ってるから。

飛鳥的宝貝
半分宇宙人の血が流れている(?)あすかさん。感性豊かな文章が印象的。ハイジ好き。

Sky Abobe,Slope below
山ボーダーぐっさん。ヨセミテクライマーでもある。とある事件で身体に金属片を埋め込まれ、サイボーグとなった。

やまやなぶろぐ
精力的に山を続けているオーロラさんのブログ。年間山行日数は僕の倍くらい?羨ましい~。

好きだぜ~やま~っ。
本人は「ボル田ジム男」なんて言ってるが、アルパインもフリーも積極的にやってるkazoooさん。彼の小学生レベルのネタが、僕は大好きです。
下の「山登なでしこ」は、山でも人生でもパートナーのkuchakuchaさんのブログ。

ヤマレコ
山行記録の管理にとても便利!カモの会のmatoyanが開発・運営してます。すげー!
フォロー中のブログ
山登なでしこ。
最新のトラックバック
手足口病の症状 大人も子..
from 手足口病の症状 大人も子供も注意
雨じゃなかったけど
from AYA'S JOURNAL
子供の病気を解説@子供の..
from 子供の病気を解説@子供の病気..
「登り隊」岩トレin城山..
from AYA'S JOURNAL
ひさびさ!TWALL。
from 飛鳥的宝貝
ミッフィー絵皿 最終章
from AYA'S JOURNAL
小川山①
from 飛鳥的宝貝
「登り隊」剱岳③ 剣沢に..
from AYA'S JOURNAL
「のぼり隊」またまたイン..
from AYA'S JOURNAL
「登り隊」岩トレ@越沢バ..
from AYA'S JOURNAL
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


帰省 その1 インド料理

この連休、当初は土曜に仕事が入る予定だったのだけど、急遽キャンセルになった。
仕事の都合でなかなか連休が取れない僕にとって、三連休はとても嬉しい。
けれど、山に行くには突然過ぎた(計画を立てられない)ので、家族で実家に帰省することになった。

帰省といっても、今住んでいるところよりも東京寄り。1時間半ほど電車に揺られ、昼頃に実家のある駅に到着。
ご飯どきを狙って帰ったのは、インド料理を食べるためだ。
学生の時分、僕は約2年半の間、地元にあるインド料理屋でアルバイトをしていた。
これまで色々なレストランでインド料理を食べてきたけど、この店より美味しいところはなかなか見つからない。
b0101334_17464957.jpg
今の店舗の外装はピンク色で、かなり目立つ。僕がバイトをしていた頃は、白一色のコロニアル調だった。
店内に入ると、懐かしい顔ぶれが待っていた。インド人コックのアリさんとカンさん(共に男性)。
もう一人、コックの中で一番偉いルファさんという人もいるのだけど、現在は休暇でインドに帰っているという。

コックさんは単身赴任で、インドに帰るのも2年に一度くらい。
なので、小さい子をインドに置いてきている人は、子どもに顔を忘れられてしまっていることもある。
バイトで働いているときは、そうした彼らの話を聞いても「大変だな」とか、経済格差に対する漠然とした意識を抱く程度だった。
けど、親になった今、家族と離れて暮らす彼らの寂しさが、わずかばかり分かるようになった。
(日本でも楽しいことはあるみたいだけど)
アリさんは4人の子どものパパで、一番下の子は5歳。国際電話で子どもたちと話をするのが楽しみだと、嬉しそうに語っていた。


閑話休題

席について、料理を頼む。
内容は…チキンバターマサラ(バターたっぷりトマト風味のカレー)、パラクパニール(チーズとほうれん草のカレー)、ナン、カシミリナン(アーモンドスライスとレーズンを包んだナン)。
それに、娘用のお子様セットを注文した。
飲物としてラッシー(ヨーグルトドリンク)を頼んだら、おまけでマンゴーピューレを加えたマンゴーラッシーにしてくれた。

久しぶりに食べたインド料理。残念ながら、昔に比べると味が落ちてしまったが、それでも「やっぱりうまいな」と言える内容だった。
(コックの話によると、経費削減で食材のグレードを下げたり、調理の手間を省いてしまったらしい)
b0101334_17471284.jpg
インド料理屋から僕の家までは、歩いて5分程度。家の近くにインド料理屋がある環境っていいなあと、改めて思った。
食後の散歩がてら、娘と手をつないで実家まで歩く。(写真)
[PR]
by ogami_dori | 2006-11-03 17:14
<< 帰省 その2 鐘撞堂山ハイク 物欲などなど >>