山の記録や日々の生活、考えていることなど。
by ogami_dori
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
考えていること
子供

映画
時事ネタ
未分類
以前の記事
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
リンク
私の愛すべき山仲間たち
山の師匠、MMが山への、人生への想いを綴っています。何気ない一言に重みがあります。

AYA'S JOURNAL
山でも下界でもお世話になってるあやさん。人気ブロガーです。山ネタは被ること多し→一緒に行ってるから。

飛鳥的宝貝
半分宇宙人の血が流れている(?)あすかさん。感性豊かな文章が印象的。ハイジ好き。

Sky Abobe,Slope below
山ボーダーぐっさん。ヨセミテクライマーでもある。とある事件で身体に金属片を埋め込まれ、サイボーグとなった。

やまやなぶろぐ
精力的に山を続けているオーロラさんのブログ。年間山行日数は僕の倍くらい?羨ましい~。

好きだぜ~やま~っ。
本人は「ボル田ジム男」なんて言ってるが、アルパインもフリーも積極的にやってるkazoooさん。彼の小学生レベルのネタが、僕は大好きです。
下の「山登なでしこ」は、山でも人生でもパートナーのkuchakuchaさんのブログ。

ヤマレコ
山行記録の管理にとても便利!カモの会のmatoyanが開発・運営してます。すげー!
フォロー中のブログ
山登なでしこ。
最新のトラックバック
手足口病の症状 大人も子..
from 手足口病の症状 大人も子供も注意
雨じゃなかったけど
from AYA'S JOURNAL
子供の病気を解説@子供の..
from 子供の病気を解説@子供の病気..
「登り隊」岩トレin城山..
from AYA'S JOURNAL
ひさびさ!TWALL。
from 飛鳥的宝貝
ミッフィー絵皿 最終章
from AYA'S JOURNAL
小川山①
from 飛鳥的宝貝
「登り隊」剱岳③ 剣沢に..
from AYA'S JOURNAL
「のぼり隊」またまたイン..
from AYA'S JOURNAL
「登り隊」岩トレ@越沢バ..
from AYA'S JOURNAL
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


帰省 その2 鐘撞堂山ハイク

b0101334_1913149.jpg
家族3人で、外秩父にある鐘撞堂山(330m)へ行ってきた。
いちおうハイキングということになるが、実際に山道を登るのは30分もないお手軽なところ。
埼玉北部にある「寄居駅」が最寄りだが、そこから歩いてもせいぜい1時間強という道のりだ。
家族3人となると、当然僕が娘を背負って登る。
ベビーキャリア+娘+カメラ+ビデオ+その他で、20kg超。冬山シーズンを控えたこの時期には、ちょうど良いボッカトレ。


b0101334_1915497.jpg
寄居駅からテクテク車道を20分ほど歩くと、天正寺というお寺が見えてくる。
そこを通り過ぎ、さらに10分ほど歩くと大正池。
(写真→娘が草むらで遊んでいたら、くっつき虫(草花の種子)が服にたくさん付いていたので、それを取り除いているところ)


b0101334_192720.jpg
池からさらに進むと、ようやく山らしい景色になってくる。本格的な登りが始まると、周囲には竹林が。途中には、この竹を利用した炭焼き小屋があった。
緩やかな山道ばかりだが、頂上の手前は急な階段が少しだけ続く。山頂には展望台があって、子連れや地元のおじさん方など、さまざまな登山者がのんびり休憩していた。
残念ながら曇りだったので、上からの眺めはあまり良くなかった。
(写真→誰もいなかった展望台でオムツを替えて下りて来ているところ)

僕らもここで昼ご飯。昨日もそうだったけど、娘は実によくご飯を食べる。
家で食べるときはけっこう残すことが多いのに、どうしてだろう?
今回、娘はほとんど僕の背中に乗っかっていたけど、もう少し大きくなったら歩いても登れそうだ。
家族でのんびりとハイキングを楽しむには、ピッタリの山だった。
[PR]
by ogami_dori | 2006-11-04 18:41
<< 帰省 その3 動物たち 帰省 その1 インド料理 >>