山の記録や日々の生活、考えていることなど。
by ogami_dori
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
考えていること
子供

映画
時事ネタ
未分類
以前の記事
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
リンク
私の愛すべき山仲間たち
山の師匠、MMが山への、人生への想いを綴っています。何気ない一言に重みがあります。

AYA'S JOURNAL
山でも下界でもお世話になってるあやさん。人気ブロガーです。山ネタは被ること多し→一緒に行ってるから。

飛鳥的宝貝
半分宇宙人の血が流れている(?)あすかさん。感性豊かな文章が印象的。ハイジ好き。

Sky Abobe,Slope below
山ボーダーぐっさん。ヨセミテクライマーでもある。とある事件で身体に金属片を埋め込まれ、サイボーグとなった。

やまやなぶろぐ
精力的に山を続けているオーロラさんのブログ。年間山行日数は僕の倍くらい?羨ましい~。

好きだぜ~やま~っ。
本人は「ボル田ジム男」なんて言ってるが、アルパインもフリーも積極的にやってるkazoooさん。彼の小学生レベルのネタが、僕は大好きです。
下の「山登なでしこ」は、山でも人生でもパートナーのkuchakuchaさんのブログ。

ヤマレコ
山行記録の管理にとても便利!カモの会のmatoyanが開発・運営してます。すげー!
フォロー中のブログ
山登なでしこ。
最新のトラックバック
手足口病の症状 大人も子..
from 手足口病の症状 大人も子供も注意
雨じゃなかったけど
from AYA'S JOURNAL
子供の病気を解説@子供の..
from 子供の病気を解説@子供の病気..
「登り隊」岩トレin城山..
from AYA'S JOURNAL
ひさびさ!TWALL。
from 飛鳥的宝貝
ミッフィー絵皿 最終章
from AYA'S JOURNAL
小川山①
from 飛鳥的宝貝
「登り隊」剱岳③ 剣沢に..
from AYA'S JOURNAL
「のぼり隊」またまたイン..
from AYA'S JOURNAL
「登り隊」岩トレ@越沢バ..
from AYA'S JOURNAL
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


三たび水族館へ

b0101334_10384557.jpg

雪がチラつく中、近くの水族館へ自転車こいで行ってきました。
昨年4月に年間パスポート(2回行けばモトをとれる)を買ってから、3回目。

娘の様子をみると、前回、前々回に比べると大分魚たちへの関心も強まってきたようです。
…が、ほとんど駆け足で通り過ぎ、館内にいたのは30分くらい。
その後、イルカショーを観て(最初から最後まで見たのはこれが初めて)、帰路へ。

帰り際、ちょっとしたことがありました。
娘がお土産屋に行きたいというので入ってみると、おもちゃやお菓子がたくさん。
その中に、イルカをかたどった風船が置いてありました。
娘はそれがいたく気に入ったらしく、「これほしい」。
でも、僕は買い与えるつもりがなかったので「買わないで帰るよ」と言うと、「ヤダヤダ。ほしいの~」と抗議。
僕が何度か「おもちゃ、たくさん家にあるでしょ?」と言ってもダメ。
内心、(こりゃ、泣き叫ぶのを引っ張って連れて帰るしかないかな)と思ったのですが、
「じゃ、おかあさんに聞いてみたら?」と言うと、娘はイルカの風船を持って、近くにいた妻のほうへ。

娘「これ、買ってもいい?」
妻「買わないよ。これはお店のだから、あったところに戻しておいで」
なんてやりとりを聞いていると、
娘は「うん」と言って、風船を元の場所に自分で戻してきました。
てっきり「ヤダヤダ!」と泣き叫ぶだろうと思っていたので、娘の言動には驚きました。

僕が言い聞かせてもダメだったのに、妻が話したら素直におもちゃを返してくるなんてなあ。
僕に「ヤダヤダ」を言い続けたら、けっきょくは僕が折れて買ってくれると思ったのかもしれません。つまり、僕が甘いというわけ。
それにしても、2歳児が自分の欲求をよく我慢できたなあと、自分の娘ながら感心してしまいました。
父親なんて、欲望に身を任せて山道具を買いまくっているのに…。

次回、水族館に行ったときは、欲しがっていた風船を買ってあげようかと思います。
別のものを欲しがるかもしれませんが。
[PR]
by ogami_dori | 2007-01-20 19:20 | 子供
<< 八ヶ岳 硫黄~横岳~赤岳縦走 その1 対話について考える その3 >>