山の記録や日々の生活、考えていることなど。
by ogami_dori
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
考えていること
子供

映画
時事ネタ
未分類
以前の記事
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
リンク
私の愛すべき山仲間たち
山の師匠、MMが山への、人生への想いを綴っています。何気ない一言に重みがあります。

AYA'S JOURNAL
山でも下界でもお世話になってるあやさん。人気ブロガーです。山ネタは被ること多し→一緒に行ってるから。

飛鳥的宝貝
半分宇宙人の血が流れている(?)あすかさん。感性豊かな文章が印象的。ハイジ好き。

Sky Abobe,Slope below
山ボーダーぐっさん。ヨセミテクライマーでもある。とある事件で身体に金属片を埋め込まれ、サイボーグとなった。

やまやなぶろぐ
精力的に山を続けているオーロラさんのブログ。年間山行日数は僕の倍くらい?羨ましい~。

好きだぜ~やま~っ。
本人は「ボル田ジム男」なんて言ってるが、アルパインもフリーも積極的にやってるkazoooさん。彼の小学生レベルのネタが、僕は大好きです。
下の「山登なでしこ」は、山でも人生でもパートナーのkuchakuchaさんのブログ。

ヤマレコ
山行記録の管理にとても便利!カモの会のmatoyanが開発・運営してます。すげー!
フォロー中のブログ
山登なでしこ。
最新のトラックバック
手足口病の症状 大人も子..
from 手足口病の症状 大人も子供も注意
雨じゃなかったけど
from AYA'S JOURNAL
子供の病気を解説@子供の..
from 子供の病気を解説@子供の病気..
「登り隊」岩トレin城山..
from AYA'S JOURNAL
ひさびさ!TWALL。
from 飛鳥的宝貝
ミッフィー絵皿 最終章
from AYA'S JOURNAL
小川山①
from 飛鳥的宝貝
「登り隊」剱岳③ 剣沢に..
from AYA'S JOURNAL
「のぼり隊」またまたイン..
from AYA'S JOURNAL
「登り隊」岩トレ@越沢バ..
from AYA'S JOURNAL
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


消化不良…

b0101334_11513272.jpg
日帰りで阿弥陀南稜に行ってきました。
このルートは昨冬に2回行ったことがある(1回は敗退)けど、無雪期は初めて。
ネットで情報を集めてみると、バリエーションとしてはあまり面白みのないルートということだったけど、単独行は久しぶりだったのでまあいいかと思い、決行。

日曜夜に地元を出発。中央本線小淵沢行きの最終電車で約2時間半弱揺られ、小淵沢駅へ。
駅でステーションビバークをするため、50代後半から60代と思しき駅員さんに声をかけてみる。
すると、駅員さんも昔は山をやっていたそうな。曰く「阿弥陀南稜は冬は手頃でいいよね」
駅員さんと山の会話ができて何となく嬉しくなり、気分よく就寝。

翌朝4:30起床。片付けと朝食を済ませると、5:00に予約していたタクシーが来た。
ここから舟山十字路へ。一人だとタクシー代もかさむが、まあ仕方ない。
途中にあるローソンで軍手を購入したが、タクシーから降りるときに置き忘れてしまった。
道の駅の先にある道を左折、しばらく行ったところで怪我をした牡鹿をみかけた。車が接触事故を起こしてしまったのだろう…。
5:30に舟山十字路のゲート前に到着。準備体操を済ませ、GPSを起動して5:40出発。
天気は曇り。タクシーの運転手さんによると、昨日はずいぶん雨が降ったそうで、草木が雨露で濡れている。

日帰り装備&単独ということもあって、サクサク進む。ゲート前~南稜取り付き~尾根上まで約30分。
ここから立場岳までは急登が続く。冬に来たときはずいぶんしんどかったが、今回はそうでもない。荷が軽いせいもあるけど、やっぱり走っている成果が出ているのかもしれない。
休憩もほとんど取らず、1時間ほどで立場岳に到達。さらに15分ほど歩いて青ナギ(写真)へ。
ここから阿弥陀を見渡せるが、ガスがかかっている。

特に問題もなく青ナギ~無名峰~P1P2のコルを越え、P3基部に到着。
青ナギからP3基部に来るまでの間、雨露でズボンがビショビショになってしまった…。
P3は直登するルートもあるそうだけど、今回は冬に行ったときと同様、基部からルンゼを詰めた。
基部の手前でメット&簡易ハーネスを装着。P3のルンゼは、出だしこそバリエーションチックだったけど、すぐに一般道とさほど変わらないルートになってしまい、10分もかからずに抜けてしまった。
そこからP4、P5を巻いて、9:00に阿弥陀山頂に着いた。
…どうも、期待していたのとは違うルートだったなあ。踏み跡…というよりも道も明瞭で、ルートファインディングの必要はほとんどなかった。
ま、これは過去2回(冬期だけど)同じルートに入っているせいもあるけど。

山頂で15分ほど休んでから下山開始。過去2回は行者に降りるコースだったけど、今回は御小屋尾根経由で美濃戸口に下る。
御小屋尾根は梯子のある箇所から急な下りが続く。阿弥陀南稜よりよっぽどイヤらしく感じる。
フィックスロープを頼りに10分ほど下ると、ようやく平坦な登山道に変わる。

途中、不動清水の標識のあるところで休憩。時計をみると、10:00。
バスは11:30、13:15、14:50の出発だ。11:30(この時点では11:15と勘違いしてた)はさすがに無理じゃないかと思っていたので、少しペースを緩めて行動再開。
で、御小屋山山頂(?)の舟山十字路、美濃戸の分岐で時計を確認したら10:30。
ひょっとして11:30のバスに間に合うんじゃないか?→走って下山開始!
11:00前に登山道の入り口に到着して一安心したものの、その後別荘地で迷ってしまい時間をロス…。
けど、なんとか11:15頃には美濃戸口バス停に到着できて、無事にバスに乗れた。

収穫は、思っていたよりも大分早く下山できたことかな。予定では13:00か14:00くらいになるかと考えていたので。
今回いちおう下見をしたので、来冬に単独で行きたいところだけど、どうなるかな。

そういえば、P3のルンゼでフィックスロープをみかけなかったような。
冬にいった時はすごく目立っていたけど、見落としてしまったのだろうか。それとも回収されてしまったのだろうか。
※あくまでも私の記憶なので、南稜に行かれる方はこの情報を参考にしないで下さい。

(5:40舟山十字路~7:15立場岳~7:30青ナギ~8:10P1P2コル~8:30P3基部~9:00阿弥陀~10:00不動清水~10:30御小屋山~11:15美濃戸口)
[PR]
by ogami_dori | 2007-09-24 11:51 |
<< 家探し 因果関係 >>