山の記録や日々の生活、考えていることなど。
by ogami_dori
カテゴリ
全体
考えていること
子供

映画
時事ネタ
未分類
以前の記事
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
リンク
私の愛すべき山仲間たち
山の師匠、MMが山への、人生への想いを綴っています。何気ない一言に重みがあります。

AYA'S JOURNAL
山でも下界でもお世話になってるあやさん。人気ブロガーです。山ネタは被ること多し→一緒に行ってるから。

飛鳥的宝貝
半分宇宙人の血が流れている(?)あすかさん。感性豊かな文章が印象的。ハイジ好き。

Sky Abobe,Slope below
山ボーダーぐっさん。ヨセミテクライマーでもある。とある事件で身体に金属片を埋め込まれ、サイボーグとなった。

やまやなぶろぐ
精力的に山を続けているオーロラさんのブログ。年間山行日数は僕の倍くらい?羨ましい~。

好きだぜ~やま~っ。
本人は「ボル田ジム男」なんて言ってるが、アルパインもフリーも積極的にやってるkazoooさん。彼の小学生レベルのネタが、僕は大好きです。
下の「山登なでしこ」は、山でも人生でもパートナーのkuchakuchaさんのブログ。

ヤマレコ
山行記録の管理にとても便利!カモの会のmatoyanが開発・運営してます。すげー!
フォロー中のブログ
山登なでしこ。
最新のトラックバック
手足口病の症状 大人も子..
from 手足口病の症状 大人も子供も注意
雨じゃなかったけど
from AYA'S JOURNAL
子供の病気を解説@子供の..
from 子供の病気を解説@子供の病気..
「登り隊」岩トレin城山..
from AYA'S JOURNAL
ひさびさ!TWALL。
from 飛鳥的宝貝
ミッフィー絵皿 最終章
from AYA'S JOURNAL
小川山①
from 飛鳥的宝貝
「登り隊」剱岳③ 剣沢に..
from AYA'S JOURNAL
「のぼり隊」またまたイン..
from AYA'S JOURNAL
「登り隊」岩トレ@越沢バ..
from AYA'S JOURNAL
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2006年 11月 12日 ( 1 )

湯河原幕岩 フリークライミング

b0101334_20404055.jpg
登山学校の有志&Kの会の方々と、湯河原幕岩に行ってきた。
久しぶりにフリークライミングを堪能できた感じ。
チビッ子スクールやジムの講習などの団体さんがたくさんいて、これまで見たことがないほどの込み具合。
僕らは、茅ヶ崎ロック(桃源郷・希望峰あたり)で練習に励んだ。

【シルクロード】5.7 トップロープ×1
ウォーミングアップの1本。昨夜まで降っていた雨のせいで、ポケットに指を入れると濡れている。
この辺りの壁は何本もトップロープが張られていて、しまいにはどれがどれだか分からなくなる位、すだれ状になっていた。

【アボリジニ】5.10a リード×2本
外岩でフリークライミングのリードをするのは、実に久しぶりだった(言い訳)。
核心部は2ピン目の上だけど、そこで何回もテンションをかけてしまった…。
左足がほとんどきかず苦労。
後で、Kの会のNさんが登ったところをビデオで見返したら、核心部のムーブが僕と異なっていた。
基本は同じだけど、左足の位置が違っていた。
次回リードするときはノーテンで登りたいところ。
ちなみにこのルート、かつては「日本で一番難しい5.9」と言われていたとか。

【アブラカタブラ】5.10a リード×1、トップロープ×1(上の写真)
同じ会のTさんが「登りたいんです」ということだったので、僕がリードしてトップロープを張ることに。
本当のルートはボルト沿いを直登するのだけど、ずるっこをして下部は左から行って、途中からトラバース。
でも、こういう登り方はあまり面白くなかった。
トップロープで登ったときは直登。ムーブがしっかり分かれば比較的素直に登れるところ。

【帰還兵】5.10c トップロープ×2
初めての外岩10c&初めてのレイバックルート。
はじめはノーヒントで行こうと思ったけど、1~2ピン目のところで苦戦。正対で行こうとしていたからだ。
結局、Gさんに答えを教えてもらい、1本目はテンションかけまくりながら登る。
レイバックの登り方が分からないと、大変だ~。
2本目、登り方はだいたい分かっていたけど、核心部で1テンしてしまった。
短いルートだけど、けっこう疲れる。ムーブを忘れないうちにリードで登りたい。


b0101334_2041143.jpg
【シャクシャイン】5.10d トップロープ×1(左の写真→別グループが登っている様子)
山の師匠のMMも目標にしている人気ルート。
僕も、最後にちょっとだけ体験したけど、核心部まで行けなかった…。
ここを登れるのは果たしていつの日か。
Kの会のほとんどの方々は、ここを頑張ってたな。
NさんとMNさんが上まで登ったけど、とても長いルートだとつくづく思った。


今回、靴は2足持っていった。
一つは、いつも使っているアナサジベルクロ。もう一つは勝負靴のミウラ。
アナサジのほうは、そろそろリソールをしなくてはいけないみたい。
ミウラは勝負靴だけど、あまりに窮屈なので、ほとんど使っていなかった。
アナサジに慣れてしまっているせいか、ミウラはソールが硬くて岩に弾かれるような気がする。
Nさんの話では、ミウラは使い込めば柔らかくなるし、自分の足に馴染むのだそう。
しばらくミウラで頑張ってみようかな。
[PR]
by ogami_dori | 2006-11-12 20:22 |