山の記録や日々の生活、考えていることなど。
by ogami_dori
カテゴリ
全体
考えていること
子供

映画
時事ネタ
未分類
以前の記事
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
リンク
私の愛すべき山仲間たち
山の師匠、MMが山への、人生への想いを綴っています。何気ない一言に重みがあります。

AYA'S JOURNAL
山でも下界でもお世話になってるあやさん。人気ブロガーです。山ネタは被ること多し→一緒に行ってるから。

飛鳥的宝貝
半分宇宙人の血が流れている(?)あすかさん。感性豊かな文章が印象的。ハイジ好き。

Sky Abobe,Slope below
山ボーダーぐっさん。ヨセミテクライマーでもある。とある事件で身体に金属片を埋め込まれ、サイボーグとなった。

やまやなぶろぐ
精力的に山を続けているオーロラさんのブログ。年間山行日数は僕の倍くらい?羨ましい~。

好きだぜ~やま~っ。
本人は「ボル田ジム男」なんて言ってるが、アルパインもフリーも積極的にやってるkazoooさん。彼の小学生レベルのネタが、僕は大好きです。
下の「山登なでしこ」は、山でも人生でもパートナーのkuchakuchaさんのブログ。

ヤマレコ
山行記録の管理にとても便利!カモの会のmatoyanが開発・運営してます。すげー!
フォロー中のブログ
山登なでしこ。
最新のトラックバック
手足口病の症状 大人も子..
from 手足口病の症状 大人も子供も注意
雨じゃなかったけど
from AYA'S JOURNAL
子供の病気を解説@子供の..
from 子供の病気を解説@子供の病気..
「登り隊」岩トレin城山..
from AYA'S JOURNAL
ひさびさ!TWALL。
from 飛鳥的宝貝
ミッフィー絵皿 最終章
from AYA'S JOURNAL
小川山①
from 飛鳥的宝貝
「登り隊」剱岳③ 剣沢に..
from AYA'S JOURNAL
「のぼり隊」またまたイン..
from AYA'S JOURNAL
「登り隊」岩トレ@越沢バ..
from AYA'S JOURNAL
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

PUMP2

ここ最近、仕事や家の用事が重なって、ほとんどジムに行っていなかった。
そんなときに中野島にあるPUMP2に行かないか?というお誘いをいただき、久しぶりにインドアクライミング。
メンバーはAuroraさん、あやさん、僕の3人。飲み会にOさん参加。

これまで通っていたジムの大半は工場の跡地だったので、PUMP2もそんな概観を予想していたのだけど、
実際はフィットネスクラブのように明るく清潔感の漂うジムだった。なんだか、山ヤとはちょっと縁遠い感じ?

ジムの中は、1階がルート、2階が休憩室、3階がボルダーと分かれている。
はじめにボルダリングでウォーミングアップ。最近家でのトレーニングをさぼっていたせいか、体のキレが以前より悪い…。
その後、ルートを何本かリードしたが、もうテンションかけまくり…。ダメダメだなあ。
やっぱり最低週1はジム通いたいところだ。またPUMP2行こうっと。

ジムで汗を流した後は、中野島駅近くのお好み焼き屋で乾杯。
Auroraさんお誘いしていただきありがとうございました!
[PR]
by ogami_dori | 2006-06-30 17:29 |

Foot loose

このブログを立ち上げたときから「映画」というカテゴリーを設けていたにも係らず、
これまで一度も映画に関する記事を書いていなかったことに気づいた。
山を本格的に始める以前は、「趣味は何?」と聞かれたらまず「映画鑑賞」と答えていたのだけど、
今じゃ山に没頭するあまり、ほとんど映画を観なくなってしまった。
最新の映画もまったく分からない。期待している作品といえば、ジブリの新作「ゲド戦記」くらい。b0101334_19581824.jpg
先日、有楽町にある電気屋の映画コーナーに入ったら、「フットルース」(Foot loose,1984米)の廉価版DVDがあったので購入した。
この映画を初めて観たのは高校生の頃だ。当時はお気に入りの一本だった。娘と妻が寝静まった夜、一人で映画鑑賞。



続きを読む
[PR]
by ogami_dori | 2006-06-28 15:49 | 映画

おくりもの

娘が2歳の誕生日を迎え、僕の両親と妹が家に遊びにやって来ました。
娘は、両家にとって初孫ということもあって、親戚中の注目を集めています。
なので、僕の両親&妹からも誕生日プレゼントもたくさんいただきました。
その中でも特に(僕が)嬉しかったのが、石に絵を描いたおもちゃ。(写真)
b0101334_15355159.jpg


続きを読む
[PR]
by ogami_dori | 2006-06-26 15:19 | 子供

旧友

日曜の夜、2年ぶりに日本へ一時帰国した高校時代の友人と飲んだ。
結婚してすぐに渡米し、アメリカの大学で研究を続けているU。
今年に入ってめでたく第一子が誕生し、今回は学会発表兼赤ちゃんのお披露目という目的で帰ってきたのだという。
乳飲み子を抱えて12時間以上のフライトをこなすのは、相当な苦労があったようだ。

久しぶりに会ったUは、以前会った頃と変わりないようだったが、やはりどことなく父親になった男の顔をしていた。
遠い異国で親子3人で暮らすのは、並大抵のことではない。
それでも、子育てをするには最適な環境らしく、「東京に帰ってきて怖かった」と話していた。

彼はまた、山男でもある。現在住んでいる場所は見渡す限りの平地で、山がないのだそうだ。
沢好きのUは、相当日本の山に飢えている様子だった。時間があれば一緒に山に入れたのだけど、残念だ。

子育ての話、山の話、仕事の話、高校時代の話…会話は尽きることがない。
思春期を共に過ごした友人と旧交を暖めるのは、とても楽しいことだ。


いつか日本に帰ってきたとき、一緒に山へ行こう。
[PR]
by ogami_dori | 2006-06-25 19:40

ことばの進化

最近は二語文(例・ママいい=ママがいい)も話せるようになった娘ですが、
これまで使ってきた単語にもバリエーションが出てきました。
b0101334_19311023.jpg
イヤイヤ真っ盛りの娘は「やぁだ!」と自分の意思を主張することが多いのですが、
先日「やぁだぁね!」という言葉を話していました。
おそらくは、保育園の友達かお兄さん・お姉さんが使っているのを聞いて覚えたのでしょうけど、
「やぁだぁね!」を初めて聞いたときは思わず「おお、言葉が進化した!」と感心してしまいました。しゃべり方がおぼつかないので、小憎らしさはありません。
このところ、日を追うごとに話せる単語の数が増えているようです。
(写真→ケーキに夢中な娘)
[PR]
by ogami_dori | 2006-06-24 19:22 | 子供

丹沢表尾根・夜間歩行訓練

ひょんなことから、丹沢表尾根を夜歩いてみようという計画が立ち上がった。
参加メンバーはYさん、きむきむ、パンダの女性3人、ゆうさん、僕の男性2人の計5人。
それと、Iさんがサポート(?)で下界(大倉)で待機してくれることになった。

仕事を終えて帰宅、装備を整えて渋沢へ。
気は曇り。気温は涼しく、夜歩くにはちょうど良いコンディションだ。
実は、山行当日の直前まで「雨かなあ」と思っていたのだけど、梅雨前線の影響が思ったより小さく、関東地方の天候が崩れるタイミングがずれ込んだようだ。
23:20大倉出発。さすがに静かだなあ。みんな今のところ眠くはないが、いつ睡魔が襲ってくるか…。
(写真→秦野ビジターセンターで装備を確認)
b0101334_16192838.jpg


続きを読む
[PR]
by ogami_dori | 2006-06-23 15:30 |

わからん

各新聞社のHPをネットサーフィンしていたら、こんな記事をみつけた。

東京新聞6/20朝刊
(引用開始)
起立せぬ親と来賓調査 君が代
式典で徹底図る

埼玉県戸田市の伊藤良一教育長が今月十三日の市議会で、同市立小中学校の卒業式や入学式の君が代斉唱の際に起立しない来賓や保護者について「はらわたが煮えくりかえる」と答弁、調査する方針を示していたことが分かった。伊藤教育長は十九日、本紙の取材に対しても起立しなかった来賓の氏名や人数を調査する意向をあらためて表明。起立の徹底を図ることを明らかにした。
(引用終わり)

…公式の場で「はらわたが煮えくり返る」なんて、ずいぶん物騒な物言いだ。

続きを読む
[PR]
by ogami_dori | 2006-06-20 16:33 | 時事ネタ

父の日

そういえば、昨日は父の日だった。

僕はすっかり忘れていたのだけど、妻はきちんと覚えてくれていたよう。
夕飯はいつもより豪勢。ふだん家ではほとんど酒は飲まないのだけど、
この日はなんとなく飲みたい気分になり、近くの店までビールを買いに行った。

僕が父親になってもうすぐ2年。よく他の方から「父親っぽくない」と言われるのだが、
それは褒め言葉なのか、あるいは生活観のなさを指摘されているのか。
自分が幼い頃の父親を思い出すと、とてもしっかりしていて頼りがいのある姿が浮かび上がる。
その父親と僕を比較すると、やっぱり父親ほどはしっかりしていないような気がする。
まあ、親も子どもと一緒に成長すると言うから、特にあせったりはしていないけど。
b0101334_2351525.jpg


続きを読む
[PR]
by ogami_dori | 2006-06-19 20:51 | 考えていること

雨の日の公園にて

越沢バットレスの翌日は娘の相手。朝方に少しだけ日が射したので「お、晴れるのか?」と思いきや、やっぱり予報どおり雨(ときどき曇り)。
朝食を作った後に外を眺めていると、どうやら一時的に雨が止んだ模様。そこで、娘と一緒に近くの公園へ行ってまいりました。

公園には、サッカーボールで遊んでいる少年と付き添いのお父さんの2人以外はいませんでした。
まあ1日中雨が降っているのだから、子供たちも外遊びはしないだろうなあ。
b0101334_18423520.jpg
…というわけで、娘は独占状態で公園の遊具を使っていました。
娘が特に好きなのはすべり台。1年くらい前のことでしょうか、何かの拍子で頭からダイブするかたちですべり台を滑ったら、それが気に入ってしまったようです。
それ以来、すべり台で遊ぶ際はほとんどダイビングスタイルで滑っています。
(下のほうの傾斜が緩くなっているすべり台に限りますが)
(写真→ダイナミックなムーブですべり台を登る娘)



続きを読む
[PR]
by ogami_dori | 2006-06-18 17:50 | 子供

越沢バットレス

行きたいと思いながら、なかなか行く機会がなかった奥多摩・越沢(こいざわ)バットレス。
トポには「本番さながらの登攀ができるゲレンデ」なんてことが書いてあるし、
実際に越沢で岩トレした人からも「本番より怖い」という話を聞いていた。
b0101334_18581662.jpg
越沢バットレスの最寄駅「鳩ノ巣」から徒歩でゲレンデに向かい、山道から沢沿いを歩いていくと、鬱蒼とした山の中に突然大きな岩壁が出現する(駅から30~40分?)。
前日まで雨が降っていたこともあり、岩場は濡れていて、予想以上に迫力がある。
(写真→慎重に懸垂下降するあやさん)

続きを読む
[PR]
by ogami_dori | 2006-06-17 17:02 |