山の記録や日々の生活、考えていることなど。
by ogami_dori
カテゴリ
全体
考えていること
子供

映画
時事ネタ
未分類
以前の記事
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
リンク
私の愛すべき山仲間たち
山の師匠、MMが山への、人生への想いを綴っています。何気ない一言に重みがあります。

AYA'S JOURNAL
山でも下界でもお世話になってるあやさん。人気ブロガーです。山ネタは被ること多し→一緒に行ってるから。

飛鳥的宝貝
半分宇宙人の血が流れている(?)あすかさん。感性豊かな文章が印象的。ハイジ好き。

Sky Abobe,Slope below
山ボーダーぐっさん。ヨセミテクライマーでもある。とある事件で身体に金属片を埋め込まれ、サイボーグとなった。

やまやなぶろぐ
精力的に山を続けているオーロラさんのブログ。年間山行日数は僕の倍くらい?羨ましい~。

好きだぜ~やま~っ。
本人は「ボル田ジム男」なんて言ってるが、アルパインもフリーも積極的にやってるkazoooさん。彼の小学生レベルのネタが、僕は大好きです。
下の「山登なでしこ」は、山でも人生でもパートナーのkuchakuchaさんのブログ。

ヤマレコ
山行記録の管理にとても便利!カモの会のmatoyanが開発・運営してます。すげー!
フォロー中のブログ
山登なでしこ。
最新のトラックバック
手足口病の症状 大人も子..
from 手足口病の症状 大人も子供も注意
雨じゃなかったけど
from AYA'S JOURNAL
子供の病気を解説@子供の..
from 子供の病気を解説@子供の病気..
「登り隊」岩トレin城山..
from AYA'S JOURNAL
ひさびさ!TWALL。
from 飛鳥的宝貝
ミッフィー絵皿 最終章
from AYA'S JOURNAL
小川山①
from 飛鳥的宝貝
「登り隊」剱岳③ 剣沢に..
from AYA'S JOURNAL
「のぼり隊」またまたイン..
from AYA'S JOURNAL
「登り隊」岩トレ@越沢バ..
from AYA'S JOURNAL
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

梅雨明け!

b0101334_17135750.jpg
この日、関東地方はようやく梅雨明けを迎えた。思えば、いったい何度山行が雨で潰れたことか。

午前中、J-WALLに行ってボルダリング。ハングの練習に集中する。
105°、115°の壁は、5級はだいたい一撃、4級はまだまだ。90°の壁は5級もダメ…。
どっかぶりの135°や三次元ボルダー(いろいろな角度がある壁)に至っては、一番簡単なところも苦労する始末。
力が残っているときはいいが、疲れてくると足の置き方がものすごく雑になってしまう。
疲れているときほど、丁寧に登らないといけない。でも、身体の動かし方やレストのやり方が、少しは分かってきたようだ。
いつか外岩で5.11をオンサイトしたいなあ。
長後駅への帰り道で、ひまわりを撮影してみた。
b0101334_17143475.jpg
15時前に帰宅し、妻・子どもと一緒に近くのスーパーへ買い物に。(写真)
最近、娘は「(コレ)なあに~?」と尋ねるのが好きみたいで、しょっちゅう質問してくる。
色々な物事に興味を持ち始めたということなのかな。
[PR]
by ogami_dori | 2006-07-30 17:05 |

夏の風物詩

夏は海水浴客で賑わうこの町に越してきて、もうすぐ4年になる。
自分が海のある土地に住むなんて、結婚するまでは考えもしなかった。
それまでの人生は、海よりも山にかかわりのある生活を送っていたからな。
まあ、今でもそれは変わらないけど。
b0101334_2250431.jpg
毎年夏になると、楽しみにしていることがある。それは、地元の小学生たちの絵で作られたちょうちん(あんどん?)だ。(写真)
子供たちが夏休みに入る頃、たくさんのちょうちんが町の商店街を彩る。
こういう催しは、けっこう好きだ。
小学生たちの絵を眺めながらのんびり帰るのも好きだし、
なにより、子供たちが自分の絵を見つけて喜ぶ姿を想像するのが楽しい。
[PR]
by ogami_dori | 2006-07-26 22:31

赤毛のアン(ナ)ちゃん

b0101334_203834.jpg人形の名前は「アンナ」なのですが、娘が「アンちゃん」と呼んでいるので、今では「アンちゃん」で通っています。
最近、娘とどこかに出かけるときは、必ず人形も一緒です。
(写真→公園の遊具で遊ぶときも一緒)

娘がアンちゃんの世話をしている様子をみると、子どもは本当に親の言動をよく見ていることが分かります。
例えば、娘を「高い高い」するときに、時々僕が「あ~重い~」なんてことを言ってしまうのですが、先日娘がアンちゃんを「高い高い」していて、同様に「あ~おもい~」なんて言っておりました。
決して重いはずはないんですけどね。
あとは、お昼寝する際に、タオルケットをおなかにかぶせて「ねんねね~」なんてことを真似したり、本の読み聞かせなんかも、かたちだけだけどやっています。

特に、本の読み聞かせは親にもしてくれます。僕と妻を並んで座らせて、前に娘が立って読むというスタイルで。
間違いなく保育園の先生の真似をしているのでしょう。
2歳になってから、遊びの幅がますます広がったように思えます。
[PR]
by ogami_dori | 2006-07-24 20:07 | 子供

一周忌

友人の男性の一周忌で大宮まで行ってきた。

63歳で亡くなったこの人は、僕にとって人生の師と言っても決して過言ではない。
中学時代に出会ってから、実にさまざまなことを教わった。
山をやるようになったのも、映画を好きになったのも、今の職種を選ぼうと考えたのもこの人の影響だ。
だが、それ以上に重要なのは、モノの考え方や、「自分がどう生きたいか」を思索するきっかけを与えてくれたことだ。

中学・高校時代の僕は社会のあり方や大人に対してとても憤りを感じていて、批判的に捉えていた(大人になった今でもそうだけど)。
そんな思春期の頃に、親以外(※)で尊敬できる大人に出会えたことは、とても幸せなことに違いない。
※…本当のことを言うと、当時は親を最も批判的に見ていた。要するに反抗期。

ブログ上で書き尽くすことはできないが、この人が生前つねに言っていた言葉がある。
・想像力を働かせる
・物事を鵜呑みにせず、自分で考え、自分の物差しで判断する(そのために本を読み、色々体験する)
・常に自己チェックを怠らない
・ユーモアを忘れない

高校1年のとき、この人の誘いで南アルプスを縦走した。
夜、小屋でビールを飲みながら、色々な話をしたな。
僕もいつか、この人のようになって、次の世代へ想いを伝えたいと思う。
[PR]
by ogami_dori | 2006-07-23 18:57 | 考えていること

初11オンサイト(ただし室内壁)

b0101334_1430156.jpg
夏の登攀も間近に迫ってきた。本当は広沢寺で岩トレの予定だったが、朝から雨で中止。
昼過ぎからJ-WALLに出没して練習。メンバーは僕とあやさんの2人。
あと、山の学校で日頃お世話になっているKさんもお仲間といらしていた。
Kさんは昔はアルパイン専門の山ヤで、海外遠征の経験も豊富なクライマー。
今はフリークライミングに没頭しているという。
(写真→Kさんチームは11cルートに熱中)



個人的な感想だが、J-WALLの壁は、これまで行ったことのある他のインドアクライミングジムに比べると、ルートの設定が素直で登りやすい。
他のジムでは、手の動きだけでなく、足を置く場所まで指定されているルート(手足限定)が多いが、J-WALLは足自由のルートが多いことも要因だと思われる。
「足自由」が好きな僕は、J-WALLでは他のジムより1、2ランク上のルートも登れてしまうのである。
そういえば、山の師匠であるMMが以前、「ここは、実際の岩場に近いルートが設定されているんだよ」と言っていたな。

続きを読む
[PR]
by ogami_dori | 2006-07-22 13:55 |

新江ノ島水族館へ

どこかに出かけようと考えた結果、天気があまりよくないので屋内施設に決定!というわけで、新江ノ島水族館へ行ってきました。
娘が水族館に来たのはこれで2回目。前回は魚を観ないで館内を歩き回ることに集中していたけど、今回は果たしてどうなるか。
前回の入館時に年間パスポートを購入してしまったので、親としてはモトをとりたいという気持ちも…。
b0101334_19244540.jpg
館内に入ると、娘は水槽を眺めてはいるのですが、さほど面白そうな様子ではありません。動物園に行ったときは大はしゃぎだったのに。魚にはあまり興味なし?
途中、あぶくが下からブクブク出ているところでは不思議そうに眺めていました。



続きを読む
[PR]
by ogami_dori | 2006-07-17 19:04 | 子供

丹沢・小草平の沢下降訓練

本当だったら、この日は谷川東尾根登攀のはずだった…。
だが、日本海側と太平洋側両方の天候の影響を受けやすい谷川では、週末悪天が予想されたことから、登攀計画は延期となった。
そして、山行計画を急遽変更し、丹沢・小草平(おぐさだいら)の沢で下降訓練を行うことになった。
メンバーはOさん、あやさん、僕の3人。最近メンバーが固定されているなあ。

日曜朝、7:18渋沢発大倉行のバスに間に合うよう待ち合わせをするはずだったが…寝坊!
娘に起こされて気がつけば、すでに6:00を回っている。まず間に合わん…。
とりあえずOさん、あやさんに連絡し、30分ほど遅れることを伝える。
電車を乗り継ぎ、なんとか7:50発のバスに間に合った。バス1本分の遅刻で済んでよかった。(遅刻はよくないけど)
b0101334_1314192.jpg
小草平の沢は、丹沢の中でも初級者向けの沢として人気が高いという。小滝が連続し、そのすべてが直登可能らしい。
ちなみに今シーズン初の沢登り。沢ノボラーはきっと「遅すぎ!」と言うだろうな。
けれども、自分の中では、この数年は岩に集中したいという気持ちがあるので、あれこれ手を出すのも良くないかとも考えてしまう。



続きを読む
[PR]
by ogami_dori | 2006-07-16 00:41 |

心のこやし

b0101334_133511.jpg
仕事で小田急線のとある駅に降りたら、下り階段のところに乳母車を抱えようとしていた女性がいたので、お手伝いをした(その駅にはエレベーターが設置されていない)。
赤ちゃんを階段下までおろしたところで女性からお礼をされたが、女性は「この駅はしょっちゅう使っているけど、今まで助けていただいたことはありませんでした」とも言っていた。

このことがあって、僕は少し考えた。



続きを読む
[PR]
by ogami_dori | 2006-07-14 01:34 | 考えていること

おくりもの その3

b0101334_0383832.jpg
仕事から帰ると、僕宛にアメリカから荷物が届いていた。
差出人は、高校時代の友人U。荷物の中身は…娘の洋服だった。
どれも可愛らしい。見立ては奥様かな?(7/15追記:二人で選んだとのこと)
Uのお子さんは男の子なので、女の子の洋服を選ぶのは、普段とちょっと変わった感覚だったかもしれない。
どうもありがとう。
[PR]
by ogami_dori | 2006-07-13 00:35 | 子供

実録!パジャマのズボンはき

妻とお風呂に入った後、娘は自分でパジャマを着ます。
まずは右足から。
b0101334_0204056.jpg

右足と左足が一緒になってしまいました。
b0101334_0222233.jpg


続きを読む
[PR]
by ogami_dori | 2006-07-12 00:17 | 子供