山の記録や日々の生活、考えていることなど。
by ogami_dori
カテゴリ
全体
考えていること
子供

映画
時事ネタ
未分類
以前の記事
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
リンク
私の愛すべき山仲間たち
山の師匠、MMが山への、人生への想いを綴っています。何気ない一言に重みがあります。

AYA'S JOURNAL
山でも下界でもお世話になってるあやさん。人気ブロガーです。山ネタは被ること多し→一緒に行ってるから。

飛鳥的宝貝
半分宇宙人の血が流れている(?)あすかさん。感性豊かな文章が印象的。ハイジ好き。

Sky Abobe,Slope below
山ボーダーぐっさん。ヨセミテクライマーでもある。とある事件で身体に金属片を埋め込まれ、サイボーグとなった。

やまやなぶろぐ
精力的に山を続けているオーロラさんのブログ。年間山行日数は僕の倍くらい?羨ましい~。

好きだぜ~やま~っ。
本人は「ボル田ジム男」なんて言ってるが、アルパインもフリーも積極的にやってるkazoooさん。彼の小学生レベルのネタが、僕は大好きです。
下の「山登なでしこ」は、山でも人生でもパートナーのkuchakuchaさんのブログ。

ヤマレコ
山行記録の管理にとても便利!カモの会のmatoyanが開発・運営してます。すげー!
フォロー中のブログ
山登なでしこ。
最新のトラックバック
手足口病の症状 大人も子..
from 手足口病の症状 大人も子供も注意
雨じゃなかったけど
from AYA'S JOURNAL
子供の病気を解説@子供の..
from 子供の病気を解説@子供の病気..
「登り隊」岩トレin城山..
from AYA'S JOURNAL
ひさびさ!TWALL。
from 飛鳥的宝貝
ミッフィー絵皿 最終章
from AYA'S JOURNAL
小川山①
from 飛鳥的宝貝
「登り隊」剱岳③ 剣沢に..
from AYA'S JOURNAL
「のぼり隊」またまたイン..
from AYA'S JOURNAL
「登り隊」岩トレ@越沢バ..
from AYA'S JOURNAL
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

箱根旅行 その1

b0101334_15424265.jpg
我々家族3人と妻の両親、あわせて5人で箱根へ行ってきました。
宿泊は、妻が働いている会社の保養所。仙石原にある「星の王子さまミュージアム」のすぐ近くにあります。

早朝、自宅を出発。最初の行き先は冨士霊園。妻方のご先祖さまのお墓参り。
僕は、結婚する前に一度来たことがあります。
そのときは妻方の親戚へのお披露目も兼ねておりました。もう5年前の話。懐かしいなあ。

冨士霊園では、娘がご先祖さまのお墓を洗って、きちんとお参り。(写真)
ですが、お参りよりも、砂利遊びのほうに興味があったようでした。

旅行のとき、携帯電話で撮影する機会はほとんどありません。
なぜなら、銀塩一眼レフ+デジタルビデオカメラでバシバシ撮影しているから。
銀塩をデジタル一眼に買い換えれば、その写真をブログに使うこともできるのですが、
買い替えの予算がないことと、なんとなくフィルムを使い続けたいという気持ちがあるので、いまだ購入に至っていません。

冨士霊園を後にして次に向かったのは、箱根ビジターセンター。
そこには周辺を散策できる広い敷地があって、みんなでシートを敷いて昼食。
その後、娘と二人で散歩していると、ちょうどボルダリングにいい感じの岩を発見。
そこで、娘と一緒にしばらく岩遊びに興じていました。
僕が登っていると、下から「パパ~、ばんばって~(頑張って~)」という娘の応援。
娘も岩に興味があるようで、しきりに「のぼる~、のぼるの~」と主張していました。
これは将来が楽しみだな~。
[PR]
by ogami_dori | 2006-09-30 15:21 | 子供

DVDレコーダー購入

遅まきながら、ようやくDVD/HDDレコーダーを入手した。
駅近くのビックカメラで、パイオニアの「DVR-540H」が3万3000円ほどで売られていたのを見て、こなれた価格とほどほどの性能に惹かれ購入。アンプに繋げる光デジタルケーブルと、テレビに接続するためのD端子ケーブルなどを併せて買ったので、計4万円ほどの出費となった。
(製品HP)
http://pioneer.jp/dvd/products/analog/540H.html

この機械が安いのは、HDDの容量が小さく(160G)、地上デジタルに対応していないことが主な理由だが、僕にとっては十分すぎる機能だ。
テレビはほとんど見ないので録画機能はあまり重視していないし、地上デジタルについても専用チューナーがあれば対応できる。
それに、アナログ放送が終了する2011年には、機能・価格の両面でもっといい製品が出ているのではないかという気持ちもある。
なので、現在使っている「プレイステーション2」よりも良い環境で映画を鑑賞できる機能と、DVD/HDDの録画機能があればそれで満足というわけ。

さっそく、9/30(日)にNHKで放送したドキュメンタリーのシリーズもの「プラネットアース」を録画。(この記事は10/3に書いています)
ビデオテープとは比較にならない録画レベルに驚いた。
ちなみにこの日の放送は、高山に住む生き物の生態に迫ったもの。アンデスやロッキー、アルプス、ヒマラヤといった世界の山々の美しい映像がとても印象的だった。案内役として緒方拳が出演していたけど、あれは蛇足だな。
(観てない方、お貸しします)


余談になるが、家電売り場に行って驚いたのは、地上デジタル・ハイビジョン対応のテレビやレコーダーの値段がとても高いことだ。2011年まで待てば、少しは価格も下がるのだろうか?
[PR]
by ogami_dori | 2006-09-25 20:03

白玉だんご

b0101334_1956866.jpg
腰が痛くて山に行けなかったので、この週末は家でのんびりと過ごしました。
2週間続けて週末を家族で過ごしたのは、ずいぶん久しぶり。
普通のお父さんは、みんなこんな休日を送っているのかと思うと、好きなことをやらせてもらっている自分は、とても恵まれた環境にあるのだとつくづく感じます。
もちろん、家族で過ごすことがつまらないのでは決してありませんが、山に行くことを厳しく制限されている人の話を聞いたりすると、そのように思うわけです。

おやつどき、妻と娘が白玉ぜんざいを作りました。
娘は白玉を丸めると、逐一「だんご!」「だんご!」と言いながら僕に見せにやってきます。
おそらく粘土と同じような感覚を楽しんでいるのでしょう。
(写真→熱心に白玉をこねくり回している娘)

最近、娘はトイレトレーニングをしていて、家でも保育園でも寝るとき以外はパンツをはいています。
まだまだ失敗も多いのですが、成功すると本人もとても嬉しそう。
ちなみに保育園では布のパンツを「おねえさん(おにいさん)パンツ」と呼んでいるのだそうです。
[PR]
by ogami_dori | 2006-09-24 19:46 | 子供

日替わり?

b0101334_194007.jpg

家族3人で近くの中華料理屋で昼食を済ました後、自宅まで散歩がてら歩いていたら、
定食屋の看板が目に入った。

「日帰り食事」…?どんなメニューなのかと思ったが、いたって普通。
日替わりの間違いなのだろうなあ、多分。

「おすすめ」のメニューにもこだわりがある。
「ビールと水餃子」「ビールとさっぱり胡瓜」って…どう考えてもビールとおつまみだよなあ。
[PR]
by ogami_dori | 2006-09-23 19:36

腰痛

本当なら金曜の夕方から山の学校で三ツ峠(岩トレ)に行くはずだった。
もちろんやる気バッチリで用意も万全だったのだけど…泣く泣く諦めた。

腰が痛い…。

8月に入ったナルミズ沢以来、あまり調子が良くなかった(その前に腰をぶつけた)。
あと、この間のJ-WALLでのボルダリングで、クライムダウンせずに飛び降りたことが悪かった。
ダメ押しは、金曜の朝にまた腰をぶつけてしまったことだ。

学生時代にやってた陸上ホッケーのせいで、もともと腰は強くない。
きちんとケアをしていれば良かったのかもしれないが、当時はそんな知識がなく、痛くてもサポーターを巻いてグラウンドを走り回っていた。後悔先立たず。

まあ、しばらく無理をしないでおこうと思う。減量しようかな…。
[PR]
by ogami_dori | 2006-09-22 15:22 |

J-WALL

b0101334_15194758.jpg
雨模様の中、朝イチで長後にあるJ-WALLに行ってきた。
昼過ぎから混みこみになると思われるが、午前中はとても空いているので快適に練習できる。
今日はMMと一緒に練習するので、ハーネスとシングルロープも持参した。

しばらくボルダリングで遊んでいると、同じ山岳連盟に所属している某会のKさんとSさんが登場。
お二人とは盆休みに行った剱岳でも一緒になった(ベースが同じだった)。
一人ぽつんとしている僕を見て、KさんSさんが声をかけて下さった。
なので、さっそく3人でリードの練習開始。

Kさんに続き、Sさんがウォーミングアップ。すると、Sさん「上のホールドがベタベタだよ!」
今日は湿度が高いせいか、ホールドがなんとなくヌメっている。
特に湿気がこもりやすいジム上部はホールドの状態が悪いらしい。
僕もリードしてみるが、案の定壁上部のホールドはベタベタ。まさに沢登り状態。
以前1テンで登った5.10dのルートは3テン、普段なら軽く(?)ノーテンで行ける5.10cも苦労する始末(なんとかノーテン)…。
言い訳がましいが、こういう状態では、オンサイトグレードも1~2グレードほど落ちるのかもしれない。

悪戦苦闘しながらリードしているうちにMMが登場。
なんと、仕事を抜け出してジムに駆けつけて下さったのだという。とてもありがたい。
この日の練習で一番面白かったのは、スラブ壁の10d。(写真→MMリード中)
バランスと身体の柔軟性だけで登るルートだ。
終了点手前のランニングビレイでクリップに失敗し、結果として1テンしてしまったが、次回はノーテンでいけるだろう。

…そういえば、このときにやってたボルダリング(三次元ボルダー)で腰を痛めたような…。

14時ごろにジムを引き上げ、夕方から妻の実家へ。今日は敬老の日だ。
b0101334_15215648.jpg

[PR]
by ogami_dori | 2006-09-18 15:02 |

バイキンマン

世間は三連休の方が多いようですが、僕は土・日と仕事だったので、山にも行けず。
b0101334_14575777.jpg
午後、調布にある友人Yのお宅へ家族でお邪魔しました。
Yの家には、いつも成城学園前(小田急線)からバスで行くのですが、久しぶりに駅を降りたらまったく様子が変わってる!なんでも駅直結のビルが新しくオープンするのだとか。
駅でYに電話したら、車で向かいに来てくれるというので、しばらく待機。
娘を運ぶためのベビーキャリー(背負子)はけっこうかさばるので、バスに乗るが大変なので、大助かり。
Yを待っている間に娘を撮影。今日はいつもと違って、ちょっと女の子っぽい格好。

Yにはもうすぐ4歳になる娘さんがいるので、時々こうしてお互いの家を行き来したり、一緒に出かけたりします。もっとも、僕が(山で)家を空けていることが多いので、そんなに頻繁ではありません。
Yの家には、娘さんのおもちゃがいっぱい!うちの娘が特に気に入ったのがバイキンマンのぬいぐるみ。
うちではアンパンマンを見せたことはないのですが、保育園や病院で絵本を読んだり遊んだりしているうちに、どうやら覚えてしまった模様。
特にバイキンマンが好きなのだそうです。
僕「アンパンマンとバイキンマン、どっちが好き?」娘「バイキンマン!」
なぜ悪役が好きなのだろう…理由は分かりません。

b0101334_14582370.jpg
これまで、娘と絵を描いているときに「バイキンマンいて~(書いて~)」とせがまれても、うろ覚えの怪しいバイキンマンしか書けませんでした。
なので、忘れないように携帯で撮影しておきました。
[PR]
by ogami_dori | 2006-09-17 14:41 | 子供

1995.3.20

ブログで扱うには大きすぎる事件だが、忘れないために記しておく。

9月16日付の毎日新聞朝刊に、「松本サリン事件」の被害者で、冤罪に巻き込まれた河野義行さんのコメントが掲載された。
(引用開始)
 河野さんは「死刑が確定しても、妻は意識不明のままだし、亡くなった人たちも生き返るわけではない。私にとって事件の終着駅は、妻が回復するか、亡くなるかのどちらかだ」と話した。
(引用終わり)


1995年3月20日。この日のことは鮮明に記憶に残っている。
大学生だった僕は春休みの最中で、昼頃に新宿で友人と待ち合わせる約束をしていた。
部活がない休みの日は、友達と昼飯を食ってビリヤードをやるのが当時の定番だった。

朝遅く起きてテレビを見てみると、何やら日比谷辺りで騒動が起きているようだ。
僕の父と兄が働いている事務所は丸の内にあるので、「大丈夫かな?」と少し心配した。
支度を済ませて家を出て、新宿に向かう。電車は通常通り運行していた。
友人と待ち合わせ、歌舞伎町方面へ。靖国通りに面した蕎麦屋に入って雑談。
騒動のことも、「銀座のほうで大変なことになってるみたいだな」「大丈夫かな」程度に話題に上ったが、そんなに気に留めてはいなかった。

いつも通り2~3時間ビリヤードをやって、喫茶店(ドトールだったと思う)に入ってまた雑談。
普段ならそのまま夕飯→友達の家→泊まり→朝方帰宅というコースなのだが、その日は夕飯前に帰宅した。
帰ってみると、テレビでは朝方の騒動について報道を続けている。大変な事件だと知ったのは、その後だった。

僕がのん気に友達とメシを食ってビリヤードで遊んでいるとき、少し離れた場所では凄惨な事件が起きていた。
この事実に、当時の僕は何とも言えない戦慄を覚えた。



※松本サリン事件を取り扱った映画に「日本の黒い夏」(熊井敬監督)という作品がある。
冤罪事件に焦点を当てた内容だ。
[PR]
by ogami_dori | 2006-09-15 15:12 | 時事ネタ

錦糸町T-WALL

b0101334_14382599.jpg
久しぶりに錦糸町T-WALLに行ってきた。メンバーはあすかさん、ハイジさん、僕。
木曜のジムはたいていクライマーでごった返しているのだけど、この日はなぜかそうでもない。
普段なら大勢いるはずのボルダラーが少ないせいもあるのだろう。

錦糸町Tは職場から最も近いジムなので、そこそこ通ってはいるのだが、ルートが手足限定のみということに加え、他のジムと同グレートのルートでも難しいムーブをしなければならないことも多いため、僕の中では「難しいジム」に入る。
ある山の先輩は「壁の高さが低いので、無理なムーブを要求するルートを作ってグレードを確保している」と仰っていたが、真偽は定かではない。

トップロープで数本ウォーミングアップした後、簡単なルートでリードの練習。
やはり、J-WALLやPUMP2、ストマジに比べると難しいムーブが多い…気がする。
それと、ルートファインディングが他のジムに比べて大変なのかもしれない。

他のジムの多くは、ビニールテープの色やかたちで手・足のホールドを示しているのだけど、
錦糸町Tはホールドの色でグレード分けをしている。例えば、緑は5.9、黄色は5.10cといった具合。色が共通していれば、どのホールドを使ってもOKということになっている。
ただ、同じ色のホールドが別ルートのホールドとして使われていることも多々あるため、僕のような経験値の低いクライマーは誤ったホールドを使ってしまうことも少なくない。
ルートの途中で「どれが正解ムーブ(ホールド)なんだ?」なんて迷っていると、またたく間に腕がパンプしてしまう…。

現在、錦糸町Tにおけるオンサイトグレードは10a止まり…。はやく11台を上りたいな。
(写真→リードの練習中。クライマー:あすかさん、ビレイヤー:ハイジさん)
[PR]
by ogami_dori | 2006-09-14 14:22 |

反省

b0101334_1452874.jpg
小川山から帰路に着いたのはたしか15時ころ。MMに家の近くまで車で送っていただいたおかげで、20時に帰ることができた。
娘はちょうどお風呂から上がったところ。僕が夕飯を食べていると、娘は椅子をよじ登ってきて抱っこをせがんだり、「ぽい!ぽい!(ぽい=高い高い)」と要求。妻は「パパと遊びたかったんだよね~」と、娘の気持ちを代弁。

翌朝、まだ寝ている僕に向かって娘がダイブをしてきた。「おはよ~」と挨拶するなり、「ぽい!ぽい!」
僕は寝ぼけまなこで娘の要求に応じつつ、心の中で反省していた。
(ああ、娘はこんなに遊びたがっていたのに、父親は小川山でクライミングを満喫してきて、申し訳ないな…)

あー、そういえばもうすぐ結婚記念日だ。妻にも何かしなくちゃな。
フリーなら興味があると言ってたから、ハーネス・シューズのセットでも送ろうかな…ダメか。
(写真→9/15撮影。通園の途中にあるすべり台で写真を撮ろうとしたらそっぽを向かれた)
[PR]
by ogami_dori | 2006-09-11 13:51 | 子供