山の記録や日々の生活、考えていることなど。
by ogami_dori
カテゴリ
全体
考えていること
子供

映画
時事ネタ
未分類
以前の記事
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
リンク
私の愛すべき山仲間たち
山の師匠、MMが山への、人生への想いを綴っています。何気ない一言に重みがあります。

AYA'S JOURNAL
山でも下界でもお世話になってるあやさん。人気ブロガーです。山ネタは被ること多し→一緒に行ってるから。

飛鳥的宝貝
半分宇宙人の血が流れている(?)あすかさん。感性豊かな文章が印象的。ハイジ好き。

Sky Abobe,Slope below
山ボーダーぐっさん。ヨセミテクライマーでもある。とある事件で身体に金属片を埋め込まれ、サイボーグとなった。

やまやなぶろぐ
精力的に山を続けているオーロラさんのブログ。年間山行日数は僕の倍くらい?羨ましい~。

好きだぜ~やま~っ。
本人は「ボル田ジム男」なんて言ってるが、アルパインもフリーも積極的にやってるkazoooさん。彼の小学生レベルのネタが、僕は大好きです。
下の「山登なでしこ」は、山でも人生でもパートナーのkuchakuchaさんのブログ。

ヤマレコ
山行記録の管理にとても便利!カモの会のmatoyanが開発・運営してます。すげー!
フォロー中のブログ
山登なでしこ。
最新のトラックバック
手足口病の症状 大人も子..
from 手足口病の症状 大人も子供も注意
雨じゃなかったけど
from AYA'S JOURNAL
子供の病気を解説@子供の..
from 子供の病気を解説@子供の病気..
「登り隊」岩トレin城山..
from AYA'S JOURNAL
ひさびさ!TWALL。
from 飛鳥的宝貝
ミッフィー絵皿 最終章
from AYA'S JOURNAL
小川山①
from 飛鳥的宝貝
「登り隊」剱岳③ 剣沢に..
from AYA'S JOURNAL
「のぼり隊」またまたイン..
from AYA'S JOURNAL
「登り隊」岩トレ@越沢バ..
from AYA'S JOURNAL
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

近況

年末の慌しさにかこつけて、このところ更新を怠っていました…。
ブログを始めて半年以上が経過しましたが、ここをご覧になっている皆様のおかげで何とか継続しております。
(12月後半の日記はぼちぼち更新していくつもり)

振り返ってみれば今年も色々な出会いがあり、有意義な一年でありました。
来年はどんな年になるのでしょうか?山関連ではレベルアップを図りたいところです。

皆様、良いお年をお迎え下さい。来年もよろしくお願い致します。
明日から八ヶ岳のバリエーションに行ってきます。
[PR]
by ogami_dori | 2006-12-31 22:34

アイゼントレ

世間は大掃除やら何やらで忙しい年の瀬、広沢寺でアイゼントレをやってきた。メンバーはOさん、あやさん、僕
さすがに弁天岩はガラガラで、僕らのほかに2パーティが取り付いていただけだった。

正月山行では、阿弥陀北稜、赤岳主稜をやる予定だ。
そのためアイゼン登攀や、ダブルアックスを使った登りを練習しておく必要があった。

もっと重要なのはⅣ級の岩場をリードすることだった。
弁天岩の最も左にあるルートをリード。ここはフリーではリードをやったことがあるし、アイゼンでもトップロープで登ったことがあるところ。
皆がアイゼンで登っているせいで、ちょうどいいポイントに爪を置けるソケットが出来ている。
慎重に登れば、さほど難しいルートではなかったかな。

最後にトップロープでダブルアックスの練習。

このアイゼントレで、Oさんから装備の携帯の仕方をチェックされた。
Oさんは、アックスにリーシュをつけて、前腕にぶら下げている状態で登っていた。
(いつでもアックスを使えるように)
僕もこれをまねて実戦に臨んだのだが…。

アイゼントレから帰宅した後は、懸案事項だったペミカン作りに着手。
妻や娘、あやさん@電話の協力を得て、なんとか完成。でも、重いなあ~。
b0101334_11202538.jpg

[PR]
by ogami_dori | 2006-12-30 11:09 |

ファミレス

b0101334_118034.jpg
僕はこの日から正月休みに入りましたが、妻は今日が仕事納め。
なので、今日一日は僕と娘で過ごすことになりました(保育園もお休み)。

午前中、近くのスーパーに二人で買出しへ。買ったものは正月山行用の食材。
今回はOさん直々に食担の指名があったため、けっこう大変。
いつもはあやさんに任せっきりだったから、こういうところでツケがまわってくるのだ。

無事に買出しを終えて時計をみたら、もうお昼。
家で何か作っても良かったのだけど、せっかく娘と二人で出かけているので、近くのファミレスに行くことにしました。

娘が選んだのはホットケーキで、一人前にメニューを見て「これ食べる」と頼んでました。
ちなみに僕は和風ハンバーグでした。

ちょっと前までは娘と二人で外食するなんて、とても考えられなかったのですが、
娘は店内でもそこそこ行儀良くしていました。ちょっと感慨深いものがありました。
…と思ったのですが、食事を終えた途端に活動を開始、あちこち動き回り始めたのでさっさと退散してきました。

夜、ペミカンを作ろうと思っていたのですが、ラードがなかったので明日に延期となりました。
[PR]
by ogami_dori | 2006-12-29 10:59 | 子供

ケーキ作り

b0101334_1621629.jpg

クリスマスイブということなので、妻がケーキを作りました。
娘もお手伝いして、イチゴなどをスポンジの上に乗せます。


完成したら、余った生クリームをつまみぐい。とても美味しそう。
つまみぐいって、なんでも美味しいんだよなあ。どうしてだろう。
b0101334_1634981.jpg

[PR]
by ogami_dori | 2006-12-24 16:00 | 子供

ばーちゃん

b0101334_1205912.jpg
娘が一番好きな人は、ばーちゃんです。
娘にとっては「ひいおばあさん」なのですが、妻がいつも「ばーちゃん」と呼んでいるので、気づいたらそのように呼んでいました。
ばーちゃんには僕も大変お世話になっていて、お手製のお酒や即席お汁粉などをいつも頂いて、それを山仲間に振舞ったりしています。

妻の実家に行くと、娘がまず先に行くのがばーちゃんの部屋。
なぜ娘はそんなにばーちゃんが好きなのか。それは、ばーちゃんが限りなく優しいからでしょう。
ドラえもんの漫画で、のび太がタイムマシンを使っておばあちゃんに会いに行くシーンがありましたが、そこに出てきたおばあちゃんもとても優しい人でした。
父親や母親とはまた違った優しさをもったばーちゃんの存在は、娘にとってとても大切なように思えます。
僕は祖父母が近くにいない環境で育ったので、余計にそう感じるのかもしれませんが。

ちなみに娘には、父方の祖母、母方の祖母、母方の父親の曾祖母、母方の母親の曾祖母と、4人の「おばあちゃん」がいます。
ただ、父方&母方の祖母―つまり僕と妻の母親2人は「おばあちゃん」と呼ばれるのが嫌だそうです。
[PR]
by ogami_dori | 2006-12-23 11:45 | 子供

富士山雪訓 その2

昨晩はもの凄い風だった。テントの端で寝ていた僕は、風でテントを押し付けられ何度も目を覚ました。
朝食を済ませてガチャを装備、テントの外に出てみると、風は強いものの雪はなし。
僕の班はG講師、Y本さん、Zちゃん、僕の4人編成だったけど、Y本さんがあやさん(朝方から体調不良)のサポートにまわったため、3人で訓練を行うこととなった。

六合目付近で、コンテ、スタンディングアックスビレイ(SAB)、軟雪時の滑落停止などを練習。
SABは、あまりにも雪が軟らかいため上手く固定しなかったが、なんとか条件の良い斜面を探して練習できた。
コンテは…果たして自分が使うのか分からないけど、まあかたちだけでも覚えておこうという感じ。
パートナーが滑落したら、即座にザイルを投げて確保体制に入るなんてこと、自分にできるのだろうか?

一通りの訓練を終えて、滑落停止をしながら五合目まで下降。余った時間でアックスを使ってミックスの練習(遊び?)をやった。実は、今回の雪訓の中でこれが一番楽しめた!
やっぱり雪山が一番面白いよなあ。

下山後は馬返しでビーコン捜索の練習&反省会。帰りはMMの車で座間経由で帰宅。
途中、MM&Oさんとラーメンを食べた。Oさん、ラーメン好きだよなあ。
[PR]
by ogami_dori | 2006-12-17 11:27 |

富士山雪訓 その1


b0101334_2133456.jpg登山学校で富士山雪訓に行ってきた。昨年の雪訓も富士山でやったけど、その時は雪がほとんどなくて苦労した。
今回は果たして…。

馬返しを7:15に出発。佐藤小屋までの所要時間をいちおう2時間半に設定して歩く。
僕の班は、G講師、Y本さん、僕、それにZちゃん。Zちゃんは夕方に合流する予定だ。
昨年と同じく、馬返しから三合目辺りまではまったく雪がない。気温も高いような。
まずまずのペースで進み、2時間20分で佐藤小屋に到着。相変わらず風が強いなここは。
(G講師によると、冬山をやるなら馬返し~佐藤小屋を2時間で歩けるようにとのこと)

佐藤小屋下のスペースにテントを設営。総勢20人以上の大所帯なので、テントも合計5張。
昼前から練習を開始。雪は昨年に比べれば多いけれど、スタンディングアックスビレイをやれるような深さではない。
キックステップ、ステップカットなど基本的な歩行訓練の後、滑落停止を練習。
それに、今回は初めてコンテニュアスでの登攀訓練をやった。
トップとフォロワーが一蓮托生となるこの技術、果たして使う機会があるのか疑問だが、ともかく新しい技術を学ぶのはいつも新鮮だ。

16時前に終了し、テントで夕食の準備(この間にZちゃん合流)。いつも食担でお世話になっているY本さん、今回はインドカレーを用意して下さった!けっこうスパイシーで身体が暖まった!
夕飯を済ませてまったりしていると、他のテントからあぶれた(?)方々が続々と集まってきた。
狭い中、皆で酒を飲みながら語らうのもテント生活の醍醐味だようなあと、つくづく感じる。

就寝後、風が強さを増しているようだ。明日の天気はどうなることやら。予報は悪そうだけど…。
[PR]
by ogami_dori | 2006-12-16 20:50 |

保育園参観

b0101334_20464558.jpg

この日は保育園の参観日だったので、午前半休をとって妻と二人で保育園へ。
娘のいる1歳児クラスは、お母さんと一緒に踊りを踊ったり、絵本を読んだりしました。
ちなみにこのクラスでは、参観に来ていたお父さんは僕一人だけでした。

お遊戯のプログラムは…
●ワニの家族(振り付きの歌)
…少し前に娘が家でよくやってました。以前、動物園に行ったとき「ワニさん好き」と言っていたのは、この歌の影響らしい。

●カエルの体操(カエルの体操いち・に・さん…という踊り)
…これも家でよくやっていた。

●くまさんの歌(くまさん役の子を皆で囲んで回る遊び)
…遊びの最後に「くーまーさーん」と呼びかける場面があるのですが、これもよくやっていた

●王子さま遊び(くまさん遊びと似たようなもの)
…これだけは家でもやっていなかったような。

●絵本
…家で「パパもママもおいで~」と絵本を読んでくれるのですが、先生のマネをしているみたい。

保育士さんは色々と遊びを考えて下さったのですが、娘はほとんど妻にくっついたままでした。
(そんな様子の子はちらほらいた)
恥ずかしいのか、お母さんたちが大勢いて緊張したのか、 理由はよく分かりません。
先生によると、普段はみんな楽しそうに歌ったり踊ったりするんだそうです。

プログラムにはありませんでしたが、保育園で白雪姫の絵本を読んだことがあるらしく、
家で「(小人さんが)おどって~、(白雪姫が)ねんねして~、(王子さまが)だっこしてちゅーして~」と説明してくれます。
この間、白雪姫のDVDを診せたら、悪役の女王を「こわいひと」と言ってました。

やっぱり親がいる前では、なかなか普段の園生活の姿を見せないようです。
娘が保育園に通い出してから1年半以上が経ちましたが、先生もお友達も大好きで楽しく通っているようなので本当に良かった。
[PR]
by ogami_dori | 2006-12-14 20:34 | 子供

Nikon D100

仕事ではデジタル一眼レフを使っていたけど、私用ではずっと銀塩でやってきた。
特にこだわりがあるわけでもなくて、「なんとなく」という曖昧な理由でNikon F100をメインにやってきた。(子どもが生まれてからはほぼスナップ専用機)

そんな僕も、ついにデジタル一眼レフを入手した!
あやさん宅の忘年会で、プロカメラマンのtoryさんからNikon D100を譲り受けたのです。
10月に三ツ峠へ行った際、toryさんに「中古でD100を買おうと思ってる」と話したら、「僕のを買いませんか?」とtoryさん。
そんなこんなで話が進み、ついにこの日、D100と対面することができた。
toryさんの愛機を譲り受けるなんて、なんだか嬉しいなあ。

さっそく娘を撮影。写真は人形の「アンナ」におっぱいをあげているところ。
b0101334_1838327.jpg

[PR]
by ogami_dori | 2006-12-11 18:30

忘年会

b0101334_18282287.jpg
山仲間の忘年会(@あやさん宅)が企画され、家族3人で行ってきた。

今回は、kazoooさん&kuchakuchaさんご夫妻、さらに登山学校でお世話になっているtoryさんも参加。
皆さん1品ずつ持ち寄って、わいわい騒いで楽しい時間を過ごせた。
kazoooさんのお手製スモークチキンには驚いたなあ。ご本人は味に不満そうだったけど、とんでもない!
忘年会のセッティングやプレゼント交換など、あやさんにはお世話になりっぱなしだった。どうもありがとうございました。
わざわざ娘の分のプレゼントも用意して下さるなんて、さすがだなあと感心させられました。


忘年会ということだったので、今年一年を振り返ってみたけど、今年は色々な山に行ったなあと考える。
冬~春…八ツを中心に活動。GWは北穂東稜。アイスもちょっとだけかじった。
夏…さんざん雨に泣かされた…。夏の剱では、源治郎尾根も行けなかったなあ…。
秋…目立った活動はしなかったけど、城山西南カンテは面白かった。ゲレンデのマルチピッチでけっこうリードを練習した。
総合すると、昨年より少しは成長したかなあと思ったりする。まだまだひよっこだけど。

余談だが、昨年のこの日はぐっさんが湯河原幕岩で滑落した日だ。
あれからちょうど一年。ぐっさんの回復は目覚ましく、今はアメリカでクライミングを満喫しているようだ。
[PR]
by ogami_dori | 2006-12-10 16:01