山の記録や日々の生活、考えていることなど。
by ogami_dori
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
考えていること
子供

映画
時事ネタ
未分類
以前の記事
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
リンク
私の愛すべき山仲間たち
山の師匠、MMが山への、人生への想いを綴っています。何気ない一言に重みがあります。

AYA'S JOURNAL
山でも下界でもお世話になってるあやさん。人気ブロガーです。山ネタは被ること多し→一緒に行ってるから。

飛鳥的宝貝
半分宇宙人の血が流れている(?)あすかさん。感性豊かな文章が印象的。ハイジ好き。

Sky Abobe,Slope below
山ボーダーぐっさん。ヨセミテクライマーでもある。とある事件で身体に金属片を埋め込まれ、サイボーグとなった。

やまやなぶろぐ
精力的に山を続けているオーロラさんのブログ。年間山行日数は僕の倍くらい?羨ましい~。

好きだぜ~やま~っ。
本人は「ボル田ジム男」なんて言ってるが、アルパインもフリーも積極的にやってるkazoooさん。彼の小学生レベルのネタが、僕は大好きです。
下の「山登なでしこ」は、山でも人生でもパートナーのkuchakuchaさんのブログ。

ヤマレコ
山行記録の管理にとても便利!カモの会のmatoyanが開発・運営してます。すげー!
フォロー中のブログ
山登なでしこ。
最新のトラックバック
手足口病の症状 大人も子..
from 手足口病の症状 大人も子供も注意
雨じゃなかったけど
from AYA'S JOURNAL
子供の病気を解説@子供の..
from 子供の病気を解説@子供の病気..
「登り隊」岩トレin城山..
from AYA'S JOURNAL
ひさびさ!TWALL。
from 飛鳥的宝貝
ミッフィー絵皿 最終章
from AYA'S JOURNAL
小川山①
from 飛鳥的宝貝
「登り隊」剱岳③ 剣沢に..
from AYA'S JOURNAL
「のぼり隊」またまたイン..
from AYA'S JOURNAL
「登り隊」岩トレ@越沢バ..
from AYA'S JOURNAL
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

蓼科山へ

3/9-10、登山学校の有志(初級クラス)と一緒に蓼科山に行ってきた。
日帰りで十分ピストンできる山だけど、今回は「親睦を深める」という目的があったので、中腹でテン泊。
前の週に入った八ツは厳冬期そのものだったが、この夜はとても穏やか。春は確実に近づいている。

パーティの全員が自分より年上なので、こんなことを自分が言うのもなんだけど、12月の富士山のときに比べると随分パーティとしての連携がとれるようになってきたなと感心。
自分が受講生だったときも同じだけど、たぶん同じ釜の飯を食うことでお互いの心の垣根が取り払われていくのだろう。
受講生同士の結束が強まっていくのを見るのは、とても嬉しい→ちょっと偉そう。
日曜に登った蓼科山山頂は360°の大パノラマ。初心者に雪山の良さを伝えるにはちょうど良い山かも(天候が良い場合に限る)。
帰りはCLの計画により、佐久まで温泉旅行となったが、これも後日笑い話のネタになるだろう。

来年度からは正式に講師として活動することになるけど(半ば強引に決定)、大丈夫なのか俺?もっと経験積まないとなあ。
[PR]
by ogami_dori | 2008-03-10 17:53 |

山メモ

忘れないうちに山行をメモっておかないと…。

2/10 美濃戸氷柱アイス…初リード。新バイパー試し打ち。かなりいい感じ。

2/23-24 タカマタギ&日白山…L学校実技に同行。大変な荒れ模様で雪洞で一夜過ごした後、即撤退。帰りに関越の玉突き事故にはまり、3時間車動かず…。

3/1-2 中山尾根…久しぶりに冬バリ。土曜はかなり冷え込んだが、日曜は穏やかな天気で快適な登攀。5~6パーティ入っていたが大した混雑もなくスムーズに登れた。中山乗越から取り付きまでが思いのほか長かった。
前のパーティは若者二人だったが、一人はTさん所属山岳会のホープ、もう一人は1月の湯川アイスでお世話になったお隣パーティの一員だった。山の世界は狭いというけど、狭すぎて笑った。
[PR]
by ogami_dori | 2008-03-03 13:03 |