山の記録や日々の生活、考えていることなど。
by ogami_dori
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
考えていること
子供

映画
時事ネタ
未分類
以前の記事
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
リンク
私の愛すべき山仲間たち
山の師匠、MMが山への、人生への想いを綴っています。何気ない一言に重みがあります。

AYA'S JOURNAL
山でも下界でもお世話になってるあやさん。人気ブロガーです。山ネタは被ること多し→一緒に行ってるから。

飛鳥的宝貝
半分宇宙人の血が流れている(?)あすかさん。感性豊かな文章が印象的。ハイジ好き。

Sky Abobe,Slope below
山ボーダーぐっさん。ヨセミテクライマーでもある。とある事件で身体に金属片を埋め込まれ、サイボーグとなった。

やまやなぶろぐ
精力的に山を続けているオーロラさんのブログ。年間山行日数は僕の倍くらい?羨ましい~。

好きだぜ~やま~っ。
本人は「ボル田ジム男」なんて言ってるが、アルパインもフリーも積極的にやってるkazoooさん。彼の小学生レベルのネタが、僕は大好きです。
下の「山登なでしこ」は、山でも人生でもパートナーのkuchakuchaさんのブログ。

ヤマレコ
山行記録の管理にとても便利!カモの会のmatoyanが開発・運営してます。すげー!
フォロー中のブログ
山登なでしこ。
最新のトラックバック
手足口病の症状 大人も子..
from 手足口病の症状 大人も子供も注意
雨じゃなかったけど
from AYA'S JOURNAL
子供の病気を解説@子供の..
from 子供の病気を解説@子供の病気..
「登り隊」岩トレin城山..
from AYA'S JOURNAL
ひさびさ!TWALL。
from 飛鳥的宝貝
ミッフィー絵皿 最終章
from AYA'S JOURNAL
小川山①
from 飛鳥的宝貝
「登り隊」剱岳③ 剣沢に..
from AYA'S JOURNAL
「のぼり隊」またまたイン..
from AYA'S JOURNAL
「登り隊」岩トレ@越沢バ..
from AYA'S JOURNAL
ライフログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

おんなのこチーム

谷川から帰ってきて夕飯を食べているときの会話

妻「夏休みどうするの?(僕の)実家に行くんでしょ?いつ行くの?」
―うーん。
妻「まだ山の予定決まってないんでしょ。(娘に向かって)お父さん、お山に行く日が決まってないんだってさ~」
娘「パパはいつもお山にいってるんだから、ちょっとはお休みしなさい!」
…このセリフには参りました。こんなこと、誰も仕込んでないのに。いつの間にこんな説教をするようになったのか…。

娘さん二人をもつ知り合いが「最近おんなのこチームが強くてさあ」とぼやいていた。
お父さんが娘さんに話しかけたりすると、「いまはおんなのこチーム(娘さん二人+奥様)で遊んでるから、お父さんはあっち行ってて!」と厳しい仕打ちを受けてるんだとか。
僕もそう遠くない日、知り合いと同じようにぼやくんだろうなあ。

まあ、夏はしっかり山の予定を入れさせてもらうつもりですが…。
[PR]
by ogami_dori | 2008-06-30 15:18 | 子供

谷川岳衝立岩中央稜

ぐっさんと衝立岩中央稜に行ってきました。僕は月初に続いて2回目の登攀だったので、ルートファインディングも楽に出来た。
日曜が雨という予報だったこともあってルートはガラガラ。一番乗りでした。なぜか他パーティは南稜に集中していたなあ。
b0101334_12594661.jpg

(中央稜登攀中)
今回の核心は下山でした。前回は中央稜をそのまま下降、テールリッジを下って下山したのですが、この日は後続パーティもいたので北稜を下降することに。これがまた大変だった…。
衝立の頭のすぐ下にある支点はピカピカで安心できたものの、これ以外の懸垂支点は一体いつ作成されたのか分からないくらいの年代モノ。できるだけ静荷重を心がけて下る。
このルート、藪がけっこう多くて途中で何度もロープが絡まってしまう。おまけに下部では下手なところに降りてしまうと身動きがとれなくなってしまう。最悪救助要請をすることになるかも…。
まあ、結果としてはロープの自然な流れに沿って降りれば良かったので無事だったのだけど、懸垂中は「ヤバイところに下りたらどうしよっか」とけっこう緊張してた。
b0101334_1301696.jpg

(略奪点付近からのコップ状岩壁)
で、無事に懸垂を終えて後は下山…のはずが、これも苦戦した。
基本的に略奪点から沢沿い(衝立前沢)を下るのだけど、どの辺りから雪渓に移れば良いのか分からず、結局雪渓の基部まで下ってしまった。半ば沢登り(というか沢下り)状態でした。
(5:40駐車場~6:30中央稜取付~9:20衝立の頭~北稜下降~13:20駐車場)
[PR]
by ogami_dori | 2008-06-28 12:44 |

自分メモ

忘れないように、北鎌以後の山行を。

5/17…ぐっさんと三つ峠。紅葉おろしが怖かった。同じ連盟の人々がたくさんいた。

524…L学校の読図下見。やはり下山時が難しい。本番は今月なので例年は雨の中。今年もか。

6/1…MMと一の倉沢衝立岩中央稜。昨年、一昨年とことごとく雨で流れた谷川にようやく行けた!入梅前の晴天でルートは混雑していた。テールリッジ怖かった。
核心の4P目はリードしたけど、ボロボロのリングボルトにヌンチャクをかけながら「こんなときにナチュプロを使えたら安心できるんだろうなあ」と思いながら登ってた。
[PR]
by ogami_dori | 2008-06-04 10:01 |